ピロッティーブログ

25歳の人です!英語の役立つ情報を発信しているので英語力をグイッと上げちゃってくださいᕦ(ò_óˇ)ᕤ

英語の挨拶に使えるフレーズ20選(色んな言い方覚えるべし)

こんにちは! ピロッティーです。

 

今回は英語の挨拶で使えるフレーズを20個紹介したいと思います!

日常からビジネスまで対応できるフレーズなので実践で使う機会があれば様々なフレーズを使ってみましょう。

f:id:piroron19:20190806045825j:image

 

   目次

  1. どんな場面でも使えるフレーズ
  2. 久しぶりに会う時に使うフレーズ
  3. 親しい関係の間で使うフレーズ
  4. 初めて会う人に使うフレーズ

 

 

 

1、どんな場面でも使えるフレーズ

 

  • Hi! (こんにちは)

カジュアルな言い方です。

 

  • Hello(こんにちは)

Hi! よりもフォーマルな言い方です。

 

  • Good morning, afternoon, evening

(おはよう、こんにちは、こんばんは)

 

  • How are you?(元気ですか?)

現在の状態について聞いています。

 

  • How are you doing?(どうしてる?)

現在の状態に限定せず少しの過去や未来も含めた近況を聞きたい時に使えます。

How are you?と意味は変わりませんがネイティブはよく使います。

 

  • How’s thing?(最近どうですか?)

 

  • How’s everything?(順調ですか?)

質問された人の事にについて何でもいいから聞きたい!といった感じの質問で、答えとしては良い事でも悪い事何でも答えていいと言ったニュアンスになります。

 

 

2、久しぶりに会う時に使うフレーズ

 

  • How have you been?(どうしてた?)

最後に会ってから今会うまでの間どうしてたかを聞くフレーズです。

 

  • How have you been doing?(どうしてた?)

How have you been?と意味は全く同じなのでどちらを使っても問題なしです!

 

  • How have you been lately?(最近どうしてた?)

ここ最近の過去について聞きたい時に使うフレーズです。

 

  • What have you been up to?(今まで何してた?)

How are you?やHow have you been?は感情を聞く時に使いますが、こちらは「今まで何をしていたか」という行動を聞きたい時に使います。

 

f:id:piroron19:20190806045957j:image

3、親しい関係の間で使うフレーズ

 

  • Hey! (やあ)

これはほとんどの人が聞いたことあると思いますが、とてもカジュアルな 呼びかけのフレーズです。HI! よりもさらに砕けた言い方です。

 

  • What’s up?(調子はどう?)

カジュアルなフレーズで仲のいい友達の間で良く使われます。How are you?の砕けた言い方だと思えばいいです。

 

How are you? と同じ意味で親しい人との間でよく使われす。このフレーズもよく使われます。

 

 

  • How’s your day going?(今日の調子はどう?)

その日の相手の様子を聞く時に使えるフレーズです。

 

 

  • What’s new?(最近何か新しいことあった?)

挨拶のついでに相手に何か最近新しい事を行なったり起こったりしてないかを聞く時使えるフレーズです。

 

 

4、初めて会う人に使うフレーズ

 

  • Nice too meet you! (初めまして!)

 

  • Good to see you. (お目にかかれて嬉しいです)

 

  • How do you do.(初めまして)

非常にフォーマルなフレーズです。最近はあまり使われることはないようですが参考に!

 

  • It’s a pleasure to meet you. (お会い出来て光栄です)

pleasure を使用する場合は丁寧な表現になります。

ビジネスシーンで使用すると印象がいいでしょう!

 

f:id:piroron19:20190806050058j:image

 

以上が挨拶に使えるフレーズ20選となります。

参考にしてみてください!

 

ありがとうございました!!

 

ネイティブはどのくらい英単語の数を知っているのか?(英語学習の参考に)

こんにちは!ピロッティーです。

 

今回は英語圏のネイティブが知っている英単語の数についてお話します!

f:id:piroron19:20190803220218j:image

 

英語学習において出来るならばネイティブレベルを目指したい人が多いと思います。

 

ネイティブの知っているおおよその単語数が分かっていれば英単語を勉強する時の目安になると思うので把握しておきましょう!

 

  目次

  1. ネイティブの先生と一般人の英単語数
  2. 日本人の目指すべき英単語数
  3. ネイティブと同等の単語数を覚える必要はない

 

 

1、ネイティブの先生と一般人の英単語数

 

ネイティブと言っても先生と一般の人では知っている単語数に大きな差があります。

ネイティブの先生というのはネイティブの英語教員ということです。

 

実際の数としては

ネイティブ英語教員:約10万個

ネイティブ一般       :約2〜3万個

と言われています。

 

物凄い数ですね!英語教員と一般の人で7万個近くの差があります。∑(゚Д゚)

ただ10万もの英単語をもし覚えていたとしてもほとんど使わないものばかりです。

 

 

2、日本人の目指すべき英単語数

 

日本人が目指すべき英単語数は多くても1万個です!

 

前回の記事↓

英会話をする上で必要な最低英単語数は?? - ピロッティーブログ

でも言っていますが英会話自体は1000単語から出来ます。

 

もし英検2級(日常会話レベル)の目安である5000単語を覚えていたとしたら会話に支障はないでしょう。

 

日本人に馴染みのある英語検定ですが、英検1級は1万単語が目安となっています。1万単語使えればどんな状況でも対応できる数と言われているからです。

 

ここまで行けば海外に住んだとしても問題なく生活出来ると思います。

 

 

3、ネイティブと同等の単語数を覚える必要はない

 

ネイティブの英語教員が覚えいるという10万個はさておき、ネイティブの一般人は約2〜3万個覚えていると言われていますが、その中には専門用語等も入っているので実際によく使うのは1万個程度です。

 

政治経済や趣味等での専門用語は人それぞれ覚える単語が用途によって変わってくるのでその時その時で必要な物を選んで覚えて行く事になるでしょう。

自主的に覚えるものはよく使う1万個程度がいいと思います。

 

f:id:piroron19:20190803220456j:image

 

ということでネイティブの覚えている英単語数についてでした!

読んで頂きありがとうございました。

 

英会話をする上で必要な最低英単語数は??

こんにちは!ピロッティーです。

 

今回は日常英会話を出来るようにするには最低でもどのくらいの数の単語を知っていればいいかということについてお話します!

f:id:piroron19:20190801171540j:image

 

  目次

  1. 必要な単語数は??
  2. どの単語を選んで覚えるべきか?
  3. 1日何単語ペースで勉強するべきか?

 

1、必要な単語数は??

 

日常英会話をするのに必要な単語数は約1000単語と言われています!

 

1000単語を会話で使えればコミュニケーションは取れますし、知らない単語を相手が使ってもどうゆう意味か聞くこともできるでしょう。

 

それと文の中で1、2単語知らないものがあっても推測することができたりします。

 

 

2、どの単語を選んで覚えるべきか?

 

1000単語を選ぶなら日常会話でよく使う単語を覚えましょう!

中学生で習う単語は日常会話に出るものばかりなので中学の教材がスタートとしては最適です!

名詞、動詞、形容詞や副詞などは偏らずにバランスよく覚えた方がいいです。

例えば名詞ばかり覚えたとしても文は作れないですよね!

名詞と動詞は特に使うのでこの2つを中心に覚えるのがオススメです。

 

 

3、1日何単語ペースで勉強するべきか?

 

1日に勉強するべき単語数は6単語です!

この6と言う数字は留学していた時に僕が先生に言われた数です!

 

この数字が今まで勉強してきた中で毎日続けやすく覚えるのにも支障がなかった数です!

 

1日に何十単語も覚えようとすると辛いので短期間で辞めてしまう人が圧倒的に多いです。

それに長時間勉強をすると途中で集中力も切れやすく学習したのに覚えていなかったり覚えていても数日後には忘れてしまいます。

 

僕は多い時には1日に50単語くらい勉強していました。ですがやるのが徐々に嫌になって1週間くらいしか続かなく、復習も数が多いとする気にならなかったので勉強しても数週間であっという間にほとんど忘れていました!

 

これでは勉強した意味がないですよねw

 

英単語数はトータルで何十万個もあるので全て覚えるのは不可能と言っていいでしょう。

ですが例えば1万単語をゴールとするならば1日に50単語も勉強するようなやり方では長く勉強が続かなく途中で諦めてしまうでしょう。

 

なので重要なのは負担にならなく長期で勉強を続けられる数を選ぶということです。

英語スキルの上達自体も長続きするかどうかなので長く続けられるかは語学の勉強においてはかなり重要な事です。

 

f:id:piroron19:20190801171716j:image

 

ということで英会話で必要な最低単語数についてでした。もし今から英語の勉強を始めようとしている方がいましたら参考にしてみて下さい!

 

英単語学習におススメのアプリも紹介しています!よかったら!↓

【英単語を1日に5〜10分で5個覚えられる】英語学習おススメアプリを紹介! - ピロッティーブログ

 

 

今回はこれで終わります。

ありがとうございました!

 

f:id:piroron19:20190801171731j:image

スピード ラーニングを5か月やってみた!

こんにちは!ピロッティーです。

 

今回はプロゴルファーの石川遼さんが宣伝していた事でも有名なスピードラーニングの体験談の記事です!

 

  目次

  1. 始めた時期
  2. スピードラーニングについて
  3. 勉強方法
  4. 効果
  5. 対象レベル

 

1、始めた時期

僕がスピードラーニングをやっていたのは高校2年生の時(2011年)で3年時に留学をする予定だったのでそれまでに英語をある程度話せるようになりたいと思い始めました!

 

期間としては5か月本気でやりました。暇さえあればスピードラーニングを聴くといった感じで通学中や家にいる時はずっと流していました。

聴き流しの教材なので勉強方法としてはめちゃくちゃ楽で続けやすかったですw

 

 

2、スピードラーニングについて

スピードラーニングは契約すると月に一回教材が送られてきます。

f:id:piroron19:20190731072556j:image

毎月勉強するテーマが変わってきます。

僕がやっていた時の内容はこちらです↓

1ヵ月目:日常英会話

2ヵ月目:旅行の英会話

3ヵ月目:オフィスでの英会話

4ヵ月目:文化の違い

5ヵ月目:家族、友達との会話

 

毎月テキストが1冊送られてくるのですがどのテーマも10種類程度のシチュエーションに分かれています。例えば「お見舞い」「映画について電話で話す」「ケーキを焼く」といった感じです。

多いテキストだとこういったシチュエーションが20種類くらいあります。

 

 

3、勉強方法

勉強方法の特徴としてはネイティブの子供が言語を覚えるのと同じでまずは音に慣れるところから入ります。文法は気にしないで英文と和訳を聴いて文をそのまま覚えるといった感じです。会話と同時に音楽が流れているので聴くのが苦痛になりにくく聴きやすいと思います!

 

勉強方法から分かるように実践で使える英語を身につけることを目的とした教材となります。

学校のテストで高得点を取りたい!英検やtoeicの資格でレベルを上げたい!といった人向けではないと思います!

どちらかというと資格とかはどうでもいいからとにかく話せるようになりたい!という人に向いていると思います!

 

 

4、効果

5ヵ月やってみての効果ですが、出てきた全ての文を使えるようになった!という状態までにはなりませんでした。5単語程度までの短い文なら言えるようになったフレーズもあったかな?という感じです。

 

元々英語が全くできなかった僕からすると進歩はありました。(英検3級も取れないレベルだったので)

 

ここで5ヵ月で得た効果を箇条書きで6点にまとめたいと思います。

 

・5単語程度までの短いフレーズはいくつか言えるようになった

・同じ文を何度も聴くので特に必要と感じた物は自然に覚えていた

・色んなシチュエーションでのネイティブ会話の雰囲気を味わうことが出来た

・色んなシチュエーションがあるためそれぞれでこんな表現が使えるのかと参考になった

・英語を聴く事に慣れて来たため外国人と英語を話す時に単語を聴きとりやすくなった

・覚えたフレーズを使ってみたくなるので英語を話したくなる

 

こんな感じです。

5ヵ月の期間だと音に慣れるくらいでまともに話せるようにはならないです。

2年くらい続ければ大分変わるかなという印象でした。

 

 

5、対象レベル

スピードラーニングの対象のレベルとしては初心者〜中学3年生レベルの英語力の方向けだと思います!

 

もっと上のレベルの人からすると簡単過ぎると絶対感じます。

 

Toeicや英検で例えると

Toeic:600点

英検:2級

を目指す人向けです。

英語初心者だと4年くらいで上記資格を取れるくらいになるのかなと思います。

 

英語を始めたい方で実用的な英語身に付けていきたい人はやってみてもいいと思います!

僕は留学前に少しコミュニケーションが取れるようになっていたのでやって良かったと思っています!

 

ということでスピードラーニングの体験談でした!

読んで頂きありがとうございます!

 

留学中の話もあるのでよかったら見てください!↓

海外に半年ホームステイした場合の英語力はいかに!(ニュージーランド留学の日々) - ピロッティーブログ

英語でお礼や感謝をいう時に使えるフレーズ20選

こんにちは!ピロッティーです。

 

今回はお礼、感謝を伝える時に使えるフレーズを紹介したいと思います!

 

f:id:piroron19:20190730054616j:image

 

英語初心者だとお礼を言う時はthank you と thank you very muchの2つのフレーズくらいしか知らない人が多いと思います。僕の周りの人はほとんどこの2つしか知りません!

 

ということでこの記事ではお礼を言う際によく使われる3つの単語(thank, appreciate,greatful)を使ったフレーズを紹介していきたいと思います。

 

ここでいろんな感謝を伝える言い方を覚えていきましょう!!

 

   目次

  1. thankを使ったフレーズ
  2. appreciateを使ったフレーズ
  3. greatfulを使ったフレーズ

 

f:id:piroron19:20190730054648j:image

 

1、thankを使ったフレーズ

thankは人に対して感謝をする際に使います!

フォーマルとカジュアルな場合両方で使えます。

「Thank you for 〜」の形で〜に対してありがとうございますという文を作れます。

 

Thank you.

(ありがとう)

 

Thanks.

(ありがとう) thank youよりもカジュアルな言い方です。

 

Thanks anyway.

(とにかくありがとう)

 

Thank you very much.

(ありがとう、感謝しています)

 

Thank you so much.

(ありがとう、感謝しています) Thank you very muchよりも強く感謝を伝えられる言い方です。

ネイティブはよく使っています。

 

Thank you for your help.

(助けてくれてありがとうございます)

 

Thank you for your advice.

(アドバイスを頂きありがとうございます)

 

Thank you for letting me know.

(お知らせ頂きありがとうございます)

 

Thank you for your kindness.

(ご親切に感謝致します)

 

Thank you for being in my life.

(私の人生にいてくれてありがとう)

 

Thank you for having me.

(お招きくださりありがとうございます)

 

 

2、appreciateを使ったフレーズ

appreciateは行為に対して感謝する時に使います!

 

I appreciate it.

(感謝致します)

 

I really appreciate it.

(大変感謝致します)

 

I appreciate your concern.

(気にかけてくれてありがとう)

 

I appreciate your cooperation.

(ご協力頂き感謝致します)

 

I really appreciate all you’ve done for me.

(あなたのして下さった事に心から感謝します)

 

 

3、greatfulを使ったフレーズ

greatfulはthankよりもフォーマルな言い方となります。

文を作る時は「be greatful for〜」の形となります。

 

I’m greatful for your help.

(お力添え頂き感謝致します)

 

I would be greatful if you didn’t smoke.

(タバコを吸わないで頂けるとありがたいです)

 

I’m so greatful to you all for looking after me.

(私のめんどうをみて下さった方々本当に感謝しています)

 

I’m grateful for your response.

(ご対応ありがとうございます)

 

 

以上がお礼、感謝を伝えるフレーズ20選です!

3つの種類の単語(thank, appreciate,greatful)を使ったフレーズを使い分けていろんな感謝を伝える言い方を言えるようにしていきましょう!

 

f:id:piroron19:20190730054707j:image

 

 

今回はここまでです。

ありがとうございました!

すぐに使える!英語ビジネスメール (件名、書き出し、締め)のセンテンス16選

こんにちは!ピロッティーです。

 

今回は英語のビジネスメールで件名、書き出し、締めに使えるセンテンスを16個まとめてみたので紹介したいと思います!

f:id:piroron19:20190728181231p:image

 

  目次

  1. 件名に使えるセンテンス
  2. 書き出しに使えるセンテンス
  3. 締めに使えるセンテンス

おまけ: 本文中にも使えるセンテンス

 

 

ビジネスメールでは始まり方と終わり方でメールを見た人の印象が全く変わります。

 

英語メールでは普段やり取りをしている相手に対して挨拶はいりませんが、初めてメールを送る相手には相手がどんな人か分からないので印象を良くするためにも挨拶を入れていきましょう!

 

 

1、件名に使えるセンテンス

 

Invitation to〜 (〜の招待)

 

Requesting 〜 (〜の要求)

 

Cancellation 〜 (〜のキャンセル)

 

Response to 〜 (〜の返事)

 

Inquiring 〜 (〜の問い合わせ)

 

 

 

2、書き出しに使えるセンテンス

 

Thank you very much for your message.

(メッセージを頂きありがとうございます)

 

Thank you so much for your reply.

(返信して頂きありがとうございます)

 

Thank you for your inquiry.

(問い合わせ頂きありがとうございます)

 

It’s been a long time since our last meeting)

(前回お会いしてからお久しぶりです)

 

 

 

3、締めに使えるセンテンス

 

I look forward to meeting you tomorrow.

(明日お会いできることを楽しみにしています)

 

I look forward to your reply.

(返信を楽しみにしております)

 

If you have any questions, feel free to email us.

(何か質問があればいつでもメールを下さい)

 

We deeply apologize for the late reply.

(返信が遅くなって大変申し訳ありませんでした)

 

We deeply apologize for missing the deadline.

(納期に遅れて大変申し訳ありませんでした)

 

f:id:piroron19:20190728181355j:image

 

本文中にも使えるセンテンス

:おまけです!

 

Thank you for everything you have done.

(色々と助けて頂きありがとうございました)

 

Thank you very much for your understanding.

(ご理解頂き大変ありがとうございます)

 

 

以上が16選のセンテンスです。

 

コピーしてそのまま使えるセンテンスもあるので使ってみてください!!

覚えておくと応用もできます!

 

f:id:piroron19:20190728181408j:image

 

こちらも英語のビジネスメール書く際に参考にしてみて下さい↓

英語のビジネスメールを書く際に役立つ5つのポイント! - ピロッティーブログ

 

 

今回はここまでです。ありがとうございました!!

 

 

英語のビジネスメールを書く際に役立つ5つのポイント!

こんにちは!ピロッティーです。

 

今回は英語を使ってビジネスメールを送る際に役立つ5つのポイントについてお話したいと思います!

f:id:piroron19:20190727191941p:image

 

ビジネスメール送る際に重要なのは、カジュアルな表現は使わないようにしたいという事なのでフォーマルな表現とインフォーマルな表現の区別は確実にしましょう!

 

目次

  1. タイトルの設定
  2. 挨拶
  3. 内容
  4. メールの最後に使える言葉と敬具
  5. 署名

 

 

1、タイトルの設定

日本語のビジネスメールでもそうですがまずタイトルを見ただけで内容が分かるように簡潔にまとめたタイトルを選びましょう!

 

短すぎると[payment]みたいな感じでスパムメールっぽくなります。逆に長すぎると内容を理解しにくくなります。

語数で言うと5〜8単語くらいが理想と言われています。

 

例文

Request for information on event venue.

(イベント会場の情報の依頼)

 

 

2、挨拶

文の始めに相手の名前と挨拶を入れます!

 

まずDear Mr.Satou のように名前の前にDearを入れます。

 

初めてその人にメールを送る場合は次に自己紹介をしましょう。自分の名前、会社名や部署などの所属している所、どのような経緯でメールをすることになったのかを書ければいいです。

 

面識のある人であれば特に挨拶等は必要ありません。メールで挨拶をするのは日本独特の文化なので!

 

久しぶりのメールの場合で挨拶を入れたい場合は It’s been a long time. (お久しぶりです)などを入れればいいです。

 

 

3、内容

メールの中身を書く際に気をつける事は、日本語をそのまま直訳するのはNGということです!

なぜかと言うと文章に違和感が出やすく読みにくくなってしまいます。内容が伝わらないとメールを出す意味がないですよね。

 

Yahoo や Google の直訳してくれる翻訳機能を使うと変な文章になることが分かると思います。

翻訳機能を使う場合は変な文章になっている部分を見つけて部分的に直していけばは問題ないので念入りに読み返して直して行きましょう。

内容が同じになればいいので自分の英語で表現する方が多少文法の間違いがあってもあからさまに変な文章にはならないと思うので伝わりやすいと思います!

 

文章を書いたら必ず読み返してください!

1回目は何かしら間違いが出る可能性が高いです。3回読んで間違いが見つからないくらいがベストです。

英語が苦手な人で周りに得意な人がいれば読んでもらいましょう!

f:id:piroron19:20190727192110p:image

 

4、メールの最後に使える言葉と敬具

メールの締めになる表現を紹介します。急に終わると不自然に感じるので締めの文は必須です!

 

If you have any questions please feel free to email me (or us).

(質問がありましたらいつでも私(私達)にメールをください)

 

I’m looking forward to hearing from you.

(ご連絡お待ちしています)

 

 

敬具としてこちらも覚えておきましょう!

 

Regards (敬意を込めて)

 

Sincerely (真心を込めて)

 

どちらもよく使われていますが違いとしてはRegardsの方がややカジュアルです。

f:id:piroron19:20190727192144j:image

 

5、署名

メールの1番最後に署名を添えます。

内容は下記の7種類です↓

 

1、名前

2、部署名

3、会社名

4、会社所在地

5、Eメールアドレス

6、電話番号・FAX番号

7、WebサイトURL

 

これだけ揃っていれば問題なしです!

 

 

以上がビジネスメールで気を付けるべき5つのポイントでした。

 

全部意識するのは大変だと思いますがぜひ参考にしてみてください!!

f:id:piroron19:20190727192201p:image

 

読んで頂きありがとうございました!

 

こちらもよかったら参考にしてみて下さい↓

すぐに使える!英語ビジネスメール (件名、書き出し、締め)のセンテンス16選 - ピロッティーブログ