ピロッティー英会話ブログ

英語好きのピロッティーです!20代の社会人です。英語は元々全くできませんでしたが、高校生2年生で海外に初めて行き興味を持ちました。そこから留学をしたり英会話に通ったりと英語に触れてきたので、今までの経験で得た知識をこのブログでは発信しています!英語学習、英会話、留学、海外旅行がメインです。

留学経験は就職で有利になる?【体験談あり】

こんにちは!ピロです。

f:id:piroron19:20200731163929j:image

今回は留学経験が就活で有利になるかならないかについてお話します!

 

僕は1年間の留学経験(語学留学)があり、就活も行ったので留学の経験が有利に働いた場合と働かなかった場合の2種類を紹介したいと思います!

 

僕の経験上の話となりますのでご了承下さい。

 

 もくじ

  1. 留学経験は就活で活かせるのか?
  2. 留学経験のメリット!
  3. 面接では留学経験から何を求めてくるのか?
  4. まとめ 

 

1、留学経験は就活で活かせるのか?

結論から言うと活かせる場合と活かせない場合があります。

 

活かせる場合

  • 英語が必要な仕事である場合
  • 英語を仕事で直接使わなくても、海外展開を積極的に行なっている会社である場合

 

後者の場合は実際に会社に入っても職種によっては英語を使う事がない場合も多いので、就職した後に英語を使いたいのであれば英語を使える仕事を探すべきです。

 

 

活かせない場合

  • 英語が全く必要ない職種で海外展開もしていない場合

 

 僕が1社目に受けたところは海外展開に対して意欲的ではなかったため、面接時も留学や英語力に関して触れる事はなかったです。(仕事内容も英語を使わない仕事)

 

ここからは留学経験を活かせる場合にどのようなメリットがあるのかを紹介します!

 

 

www.hirorokin.com

 

 

 

2、留学経験のメリット!

ここ最近(2020年)ではどの会社も海外を視野に入れたビジネスを行っているため、課長以上に昇進するには英語力が必要になって来ている会社が多いです。(特に大手企業)

なので留学経験と英語力は面接時に有利に働く場合が多いでしょう。

 

留学するにも初めはかなりの勇気がいるので、その初めの一歩を踏み出せる人は少なく、金銭的にも負荷が大きいため実際に留学経験ができる人は数少ないです。

と言う事は留学経験のある人はレアな人材になります。長期留学だとさらにレアです。

 

ここからは具体的なメリットについてです。

 

留学経験のメリットは、海外で暮らしていたため外国人と話す事に対して苦手意識が無い人が多いと言う事。同僚やお客さんに外国人がいる場合は、苦手意識があると仕事に支障が出やすいです。留学経験があるとその苦手意識が無いと判断されるので、他の就活している人達と差別化出来ます。

 

留学をしたということは「行動力」や「社交性」もあると思われるでしょう。 

 

面接時は留学中の事を聞かれることが多くなるので話題ができ、話やすいです。(留学経験は面接官から興味を持たれやすい。)

 

僕の場合は面接時の話の内容が8割型「留学」と「英語」の時もありました。 

話やすかったのであっという間に終わったのを覚えています。(その時の面接は無事通りました。) 

 

 

www.hirorokin.com

 

3、面接では留学経験から何を求めてくるのか?

 留学したからにはまず英語力を見られます。

企業で英語力を測る指標となるのは「Toeic」の点数です。

 

英語を使わない仕事だとしても英語力を証明するなら最低ラインで600点は欲しい所です。(1年以上の留学だと600点は低い印象を持たれます。)

 600点以下は「留学しててこの点数ですか?」とマイナスな印象を持たれる可能性があります。

 

1年くらいの留学なら700、800点で普通だと思われます。

(実際英語が全く出来ない人が語学留学1年くらいでこの点数を取るのはかなりの努力が必要です。)

 

留学経験の無い人は「留学すると英語がペラペラになる」と思い込んでいる場合が多いです。

面接官が留学経験の無い人だとこういったギャップが起きるわけです。

※実際にToeic で800点、900点取れるレベルまで行き、さらに英語がペラペラになる人は一握りです。(英語初心者の場合)

 

僕のイメージだと1年の語学留学で800点、900点を目指せる人は行く前から500点はある人です。

 

それは1年留学で上がる点数が大体300、400点くらいだからです。 

という事は元が300点くらいの人は600点くらい、500点なら800点くらいになります。

もちろん努力次第では変動もあると思いますが、普通に勉強してるとこのくらいでしょう。

 

 

www.hirorokin.com

 

 

英語以外の面だとこういった質問が聞かれやすいです。

 

  • 行こうと思った理由は何か?
  • 経験から得た物は何か?
  • 現地で何を努力したか?

など 

 

これらは留学したなら聞かれる可能性のある質問です。

出来れば仕事で役立ちそうな事を具体例と一緒に言うと効果的だと思います。

面接官の人にプラスの印象を与えたい所です。

 

質問の答え方はいろいろありますが例としてはこういった答え方があると思います。

 

行こうと思った理由

「外国人と話すことの苦手意識を無くすため」

「英語力を身に付け、グローバルに活躍できるようになるため」

 

経験から得た物

「現地のサークルなどに自ら積極的に参加するようになり、行動力や社交性が高まった。」

 

努力した事

「英語が全く話せない状態からToeic700点レベルまで英語力を上げた。」

「現地の人と交流するために、サークル活動に積極的に参加した。」

 

 

 

4、まとめ 

留学の経験内容は人によって様々です。

留学をしたなら何かしら得たものがあると思うので、言えるように準備しておくのがいいでしょう。

 これから留学をするなら面接時の事も考えて色んな経験をしておくといいです!

現地での生活は大変なので、引きこもってしまう人もいると思いますがそれだと勿体ないのでどんどん行動するべきです!

 

以上で終わります! 

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com