ピロッティー英会話ブログ

英語好きのピロッティーです!20代の社会人です。英語は元々全くできませんでしたが、高校生2年生で海外に初めて行き興味を持ちました。そこから留学をしたり英会話に通ったりと英語に触れてきたので、今までの経験で得た知識をこのブログでは発信しています!英語学習、英会話、留学、海外旅行がメインです。

英語音読のやり方!効果的なステップを伝授【誰でもできる】

こんにちは、ピロッティーです!

f:id:piroron19:20200205182011j:image

今回は英語力アップに効果的な音読のやり方を紹介します!

音読はただやっても大きな効果は期待できません。

ちゃんとしたやり方をしてこそ大きな効果が期待できます。

この記事では7ステップに分けた方法を紹介します!難しいことは紹介しないので気軽にやってみましょう。

音読は英語力アップには必衰です。

 

 目次

  1. 英語の音読のやり方が重要な理由
  2. 英語力をアップさせる音読の効果的なやり方
  3. 英語の音読学習をした場合の効果
  4. 教材は何を使う?
  5. まとめ

 

英語学習アプリのおすすめ10選【これらがベスト!】 - ピロッティー英会話ブログ

オンライン英会話おすすめ人気ランキングトップ10!選ぶならこれ - ピロッティー英会話ブログ

 

1、英語の音読のやり方が重要な理由

f:id:piroron19:20200205182028j:image

最初にも言いましたが英語の音読はただやっても効果は薄いです。

効果的なやり方は音読をする文章の「内容」「単語の発音」「リンキングサウンド」「イントネーション」「リズム」が分かっている状態で行うことです。

 

これらを理解した状態で音読を行うことで「リスニング力」「スピーキング力」が大きく上がります!それと速読が出来るようになるとリーディングのスピードにも効果が出ます!

 

 

2、英語力をアップさせる音読の効果的なやり方

f:id:piroron19:20200205182055j:image

ここで音読のやり方の7ステップを紹介します!

 

  • ステップ1、音声を聴く

文字を見ずに音声を聴いて内容をイメージする。単語を調べたりはしなくていいです。分からなければ次に行きます。

 

  • ステップ2、文字を見ながら音声を聴く

文字を見ながら音声を聴いて「単語の発音」「リンキングサウンド」「イントネーション」「リズム」を確認する。

 

単語の発音: 単語の呼び方です。単語の一語一語の強弱も確認します。

 

リンキングサウンド: 2つの単語を1つの単語のように繋げて発音することです。(ネイティブがよく使います)

 

イントネーション: 抑揚です。文の中で音が高くなったり低くなったりすることですが、自然な高低がつくと聞きやくなります。

 

リズム: 文全体の強弱をつけることです。日本語には「強」しかないため、日本人は慣れるまで練習が必要です。

 

  • ステップ3、オーバーラッピング

音声を聴きながらナレーションについて行くように声に出す。ステップ2で確認した「単語の発音」「リンキングサウンド」「イントネーション」「リズム」を意識しながら5回以上やります。

 

こちらも参考に!↓

オーバーラッピングの方法とやるべき理由!英語学習には超おすすめ - ピロッティー英会話ブログ

 

 

シャドーイングは文字を見ないでやる「オーバーラッピング」です。

文字を見ずに音声について行くのを5回以上やります!

 

こちらも参考に!↓

シャドーイングの正しいやり方!【スピーキング力が確実に飛躍する】 - ピロッティー英会話ブログ

 

  • ステップ5、内容の確認

シャドーイングが終わったら内容の確認をします!分からない単語やセンテンスがあれば調べましょう。

 

これはセンテンスの内容を理解した状態でやる「シャドーイング」です!

内容を意識し、話し手になったつもりでシャドーイングをしましょう。

これも5回以上やります。

 

  • ステップ7、音読

ここで音読をやります!

ステップ1〜6まででやって来たことの集大成になります。

ステップ1〜6までにやって来たことを意識して音読をします。

 

ここまでが全7ステップです!

 

3、英語の音読学習をした場合の効果

f:id:piroron19:20200205182139j:image

音読をすることでの効果は以下のような感じです!

 

  • 書いて覚えるより実用的な英語が身につく

書いて覚える場合は暗記になりやすい傾向があります。(量をこなす必要のある受験生は時間がないためこちらにせざるを得ません。)←これは現在の日本の教育上仕方ないです...

 

ですが実用的な英語を身につけるなら「リズム」や「リンキングサウンド」なども気にする必要があります。

 

「リズム、リンキングサウンド」などをマスターするといいことがたくさんあります!

まず、リスニング力、特に音を聞き取る力が伸びます。更に、発音がスムーズになります。つまり、相手に伝わりやすい英語になるということです。ということは、「実践で使える英語」が身につくということです。

 

  • 聞くだけより記憶に残る

人間は体の機能をいっぺんに多く使うほど記憶に残りやすくなります。聞いて声に出すことで「聞く」と「話す」の2つの動作を行なっているため効果が大きくなります。

 

  • 流暢な英語に徐々に近く

オーバーラッピングやシャドーイングは音声の真似をして話すので続けることで自然にネイティブのような流暢な話し方に変わっていきます。

 

 

4、教材は何を使う?

f:id:piroron19:20200205182204j:image

教材は自分に合うレベルの物を選びましょう!

分からない単語や文法が多いと毎日続けるのに支障が出るのでおすすめしないです。

量は単語数が100語〜200語くらいがちょうどいいです。これを週に1文、早く英語力を伸ばしたい人は2文やるのがいいと思います。

 

もし手元に教材がなくてこれから探す場合は以下の教材がおすすめです!

 

シャドーイング100本ノック」で検索するとシャドーイング用の動画が大量に出てきます。音読にも使えるので無料でやるならこれがいいです!

 

  • アプリ

アプリならいろんな会話のシチュエーションで練習ができるため、実践ですぐに使える英語が身につきます。話すスピードの調整も出来るので英語のレベルに関係なくおすすめです!

 

アプリならこちらの人気英会話アプリ「スタディサプリ」を参考に↓↓

 

 

  • テキスト

テキストを使うならCD付きのものにしましょう。学生の時に使っていた教科書でCDがついていればそれでも十分です!

↓↓こんなのもあります

 

5、まとめ

今回紹介した音読のやり方は実用的な英語が身につきます。すぐに効果はでないですが、3ヶ月くらい毎日続けると変化がでると思うのでぜひ続けてみてください!!

 

 

以上で終わります。

 

以下の記事も参考に!!

オンライン英会話おすすめ人気ランキングトップ10!選ぶならこれ - ピロッティー英会話ブログ

英語学習アプリのおすすめ10選【これらがベスト!】 - ピロッティー英会話ブログ

 

ブログ村も参加中です!

PVアクセスランキング にほんブログ村