ピロッティー英会話ブログ

英語好きのピロッティーです!20代の社会人です。英語は元々全くできませんでしたが、高校生2年生で海外に初めて行き興味を持ちました。そこから留学をしたり英会話に通ったりと英語に触れてきたので、今までの経験で得た知識をこのブログでは発信しています!英語学習、英会話、留学、海外旅行がメインです。

youtubeの再生回数を増やすために必要な事まとめ!【超重要】

こんにちは、ピロッティーです!

今回はユーチューブの再生回数を増やすために知っておくべき事を紹介します!超重要です!

f:id:piroron19:20200617012216j:image

 

僕自身2020年でチャンネルを作って1年が経ちます!今までに再生回数が伸びた動画や他の人の伸びてるチャンネルの分析等もしているので、今回の内容は「youtube を今から始める人」「やっているけど伸びていない人」にはかなり有益な情報になるはずです!!

 

 もくじ

  1. youtubeの再生回数を増やすために必要な事とは?
  2. チャンネルのジャンル選定
  3. 動画のサムネイル作成とタイトル決め
  4. タグを入れる
  5. バズらせる(オススメと関連にのる)
  6. 裏技!!!!!!!!!!!
  7. まとめ

 

 「裏技」の部分はかなり有効です!僕も1000再生もなかなか行かなかった時に1万再生越えを数本出す事が出来ました!

 

 

 

1、youtubeの再生回数を増やすために必要な事とは?

youtubeの再生回数を増やすには以下の事を意識する必要があります!

 

  • 再生回数が多いジャンルを選ぶ
  • サムネイルで見たいと思わせる(ライバルと差別化)
  • タイトル決めは検索と関連を意識する
  • 最後まで見られるように動画を作る

 

まずはこれらについて見ていきましょう!

 

 

2、チャンネルのジャンル選定

まずチャンネルのジャンルは1つに絞った方がいいです。例えば「英語学習」なら英語学習に関連した動画だけをそのチャンネルにあげます。

 

ジャンルを増やすと動画1本1本の伸びが悪くなります。

 

理由ですが、例えば動画を見てチャンネル登録をしてくれた人がいるとします。その人が他の動画のジャンルに興味がなかった場合に、他ジャンルの動画が出てきてもクリックしてくれない可能性が高いです。

動画は視聴者の所に出てきた時にクリックされるかどうかを測られているので、押してくれない人が増えるほどYouTube側がその動画をおすすめに出してくれなくなります。 

 

同じジャンルの動画ばかりならチャンネル登録者が動画に興味がある人ばかりになるのでクリック率も上がり動画がおすすめに出やすくなります。

 

他ジャンルをやりたいならもう一つ別でチャンネルを作った方がいいです。

 

ただ動画ではなくその人自身に興味があって見に来ている場合は、何をやっても見てもらえるので気にしなくていいです。(例えば芸能人とか)



次にジャンルを実際に決める時ですが、そのジャンルの動画に再生回数が多くある物を選びます!

 

再生回数が多いかどうかを調べる方法は、そのジャンルに関連したタイトルを検索して上位表示されている動画がどのくらい再生されているのかを見ます(上から再生回数が多い動画順に並んでいるはずです。)

これが少ないとそのジャンル自体のニーズが少ないので、動画を作っても再生回数は増えにくいです。

 

どのくらい再生回数があった方がいいかと言うと目安は100万再生以上ですね!

※ログインした状態で検索する時は「シークレットモード」という機能があるのでこれを使って下さい。(そうしないと普段見ているチャンネルの動画が表示されてしまいます。)

 

 ただ再生回数が多いジャンルはライバルが強い可能性があります。

今後伸びそうだけどまだ全然動画が出てないジャンルだと爆伸びが期待出来ます。

 

 

 

3、動画のサムネイル作成とタイトル決め

※サムネイル:動画を視聴する前に出てくる画像

 

動画には 「インプレッション率」というものがあります。

これは動画のサムネイルが視聴者の画面に映った時に動画をクリックされているかいないかをパーセンテージで表すものです。これと以下で紹介する「視聴維持率」が高いと動画がオススメに出やすくなり動画の再生回数が格段にあがります。

 

と言うことはインプレッション率をあげることが再生回数アップにはめちゃくちゃ重要という事が分かりますね!

 

じゃあそのインプレッションをあげるために重要なのが動画の「サムネイル」と「タイトル」です。

 

まずはサムネイルの作り方について説明します!

サムネイルは動画の内容が分かりやすく、動画を見たいと思わせられるように作りましょう。

 

出来るだけ

  • シンプル(ごちゃごちゃしない)
  • 文字は少なく大きめにする
  • いろんな色を使い過ぎない

をやると効果的です。

 

YouTubeは関連動画等に動画が出てきた時にサムネイルが小さく出てくるので文字が小さいと見えにくいです。

それと動画をスクロールする時はサムネイルに目が行くのは一瞬だったりするので、文字を沢山書いても見ない人が多く興味を引きにくいです。

 

 なので上記で紹介した事を意識して作る事をオススメします!

 

 

次にタイトルの付け方を説明します!

タイトルはサムネイルで興味を引けた場合に次に見る部分です。 

見たいと思わせる事ももちろん重要ですが、その動画に関連したキーワードを入れる事が最重要です。動画に関連したキーワードが入ってないと検索してもその動画に辿りつきませんよね。

 

オススメのキーワードの選び方は関連したワードを一つ検索欄に入れるとそれに関連したワードが検索ワードの横に出てくると思います。

そのワードはよく検索されているものなので、使えそうなものを選んでタイトルに入れるといいです。

※これもシークレットモードを使ってやりましょう。そうしないと自分が普段検索している物が候補に出てきます。

 

 

4、タグを入れる

タグはオススメや関連動画に載るための補助的なものです。

同類の動画に関連させるためには効果的ですので入れておいて損はないです。

 

入れる時は「YouTube Studio」を使います。

パソコンならログインした後に右上の自分の画像のボタンを押すと出てきます。

スマホならアプリがあるのでそれを使用します。

 

YouTube Stadioを開くとタグ欄があるのでそこにキーワードを入れればおっけいです!

目安としては3〜5個くらい入れておけばいいです。入れ過ぎるとスパム扱いになる事があるので気を付けましょう。

 

上記のタグとは別で「ハッシュタグ」を付ける方法もあります。これは動画の説明欄にハッシュタグとキーワードをどこでもいいので入れると付ける事ができます。ハッシュタグはキーワードの前に書きます。これも3つが目安です。ハッシュタグを入れると動画を開いた時にタイトルの上にキーワードが表示されます。

 

これも動画の関連付けには効果的なのでやっておきましょう!

例→ #YouTube #ブログ #おすすめ

 

 

 

5、バズらせる(オススメと関連にのる)

※バズ:物事が大ヒットする事

 

動画をバズらせるには先ほど伝えた

  • インプレッション率(サムネイルが目に入った時に押されるかどうか)

 と

  • 視聴維持率(1本1本の動画を毎回見られる長さ)

 が高くないといけません。

 

それぞれの目安は↓

 

  • インプレッション率6%以上

(100回サムネイルが見られた時に6回以上動画をクリックされている状態)

 

  • 視聴維持率40%以上

(10分の動画の場合:4分以上平均で見られている状態)

※動画の長さが短いほど維持率をあげる必要がある。

 

この2つが出来ているとオススメや関連に載りやすくなって再生回数が何千、すごいと何万も増えます!

ユーチューブチャンネルが伸びている人はこれが出来ている人です。

 

高評価ももちろんあった方がさらにおすすめに載る影響は大きくなります。

 


 6、裏技!!!!!!!!!!!

 

この方法で再生回数が簡単に増えます!

その方法は、

まず同じジャンルで同じような動画を出している、チャンネル登録者数が少ない人(0〜1000人くらい)を探します。

 

次にその人の動画で再生回数が異様に多い動画を探します!(例えば登録者が30人しかいないのに1000回以上再生されているといった感じです。) 

これと似通ったタイトルの面白い動画を作る(パクリはダメ)

これをやれば伸びる可能性は非常に高いです!!

 

こういった動画は検索がよくされていたり、同じジャンルのライバルが少なかったりするパターンなので再生回数は上がりやすいです!

 

 

 

7、まとめ

今回紹介した再生回数を増やす方法はYouTubeだけで伸ばす方法です。

TwitterTikTokInstagram などの他のSNSで先に人気を集めてYouTubeに来てもらうという手もあります。YouTubeは難易度が高いので他のSNSも並行して伸ばす事をおすすめします。TikTokは特に拡散力が強いのでYouTubeとの相性がいいです!

 

最後に今回のまとめですが、再生回数を伸ばすなら以下の8点を意識しましょう!

  1. 再生回数が多いジャンルを選ぶ
  2. サムネイルで興味を引く
  3. タイトルにキーワードを入れる
  4. タグを入れる
  5. インプレッション率をあげる
  6. 視聴維持率をあげる
  7. チャンネル登録者の少ない人の再生回数が多い動画を探す。
  8. SNSで拡散する

 

今回はここまでです!最後まで読んで頂きありがとうございました!!