ピロッティー英会話ブログ

英語好きのピロッティーです!20代の社会人です。英語は元々全くできませんでしたが、高校生2年生で海外に初めて行き興味を持ちました。そこから留学をしたり英会話に通ったりと英語に触れてきたので、今までの経験で得た知識をこのブログでは発信しています!英語学習、英会話、留学、海外旅行がメインです。

英語を聞き流した場合の効果と勉強方法について!(半年継続してみた)

こんにちは、ピロッティーです!

f:id:piroron19:20200114204554j:image

今回は英語の聞き流しで得られる効果や勉強方法について紹介します!!

 

英語の聞き流しは効果がないと言われていますが、やり方によっては効果を出すことは可能です

ダメな聞き流しの勉強方法の例や効果の出る方法紹介するのでぜひ参考に!

 

 目次

  1. 英語を聞き流した場合の効果
  2. 英語の聞き流しを始めるには?
  3. 英語を聞き流す場合の効果的な方法
  4. 聞き流しに使える教材の紹介
  5. まとめ

 

 

1、英語を聞き流した場合の効果

f:id:piroron19:20200114204540j:image

英語を聞き流した場合、英語を聞くことに慣れる、ネイティブレベルの早いスピードも聞き取りやすくなるといった効果が期待できます。これによってアメリカやイギリスなどの英語圏の国の映画やテレビ番組の内容も徐々に聞き取れるようになっていきます。

 

ですが、やり方によっては効果がなかったり、遠回りして時間を無駄にするパターンもあります。

 

失敗するパターンの聞き流しとは、内容を理解しないで聞いている場合です。

 

何を言っているか分からないものをただ聞いていても、英語を聞くことに慣れることはできますがリスニング力は上達はしません。

 

 

僕がやってきた方法としてはスピードラーニング(教材)を聞く、海外のテレビ番組(ドラマ、バラエティ)を平均で1日1時間以上見るまたは聞くといった感じです。(期間は半年程度)

 

 スピードラーニングのやり方としては、最初はテキストを見ながら聞いて、内容を把握したら音声のみでやるといった感じなので、内容が分かった状態で聞き流しをしていました。

内容を把握する時に知らないフレーズの知識も得られるため、聞き流すことと復習効果で完全に覚えられていました!(期間半年だとフレーズを覚えたくらいで会話での効果は実感なし)

 

一方テレビ番組や映画はひたすら内容も把握しずに聞いているだけだったので、英語を聞くことに慣れてはきましたが、リスニングのスキルとしては効果がありませんでした。

ネイティブがナチュラルスピードで話しているのを聞くことは難易度が高いため英語中級者以上向けとなります。

 

 

2、英語の聞き流しを始めるには?

f:id:piroron19:20200114204610j:image

英語の聞き流しをやるには、聞いて何を言っているか分かるまたは推測できる状態であることが重要です。

例えば英検3級レベル(英語の基礎ができる。)の人なら英検3級レベルの教材のリスニングまたは準2級レベルのリスニング教材をやります。英検3級レベルのリスニングは、「聞いて何を言っているのか分かる」、準2級は分からないところが出てきても「推測ができる」といった状態になるでしょう。

2級レベルの教材を使うとほとんど何を言っているのか分からない状態になります。

 

なので 、自分のレベルに合った聞き流し教材を探しましょう。

探す方法は後程紹介します。

 

英語の基礎力がない人は、簡単な英語を聞いても内容を把握することはできないので聞き流しの前に基礎力を身につける必要があります。

 

英語初心者の勉強方法は以下の記事を参考に!

英語をやり直す方法5選を紹介!中学英語からのスタートが近道 - ピロッティー英会話ブログ

英会話の勉強法が分からない初心者のあなたへ!助けます!!(英会話歴3年、留学経験あり) - ピロッティー英会話ブログ

 

 

3、英語を聞き流す場合の効果的な方法

f:id:piroron19:20200114204635j:image

先ほども言いましたが、英語を聞く場合は自分に合ったレベルの英語を聞く必要があります。

なので、自分で聞いて内容が把握できる教材を選びます。

理由は、全く分からない単語や文法の文章を聞いても英語は身につかないからです。

英語を聞いて何を言っているか分かる、忘れていたけど思い出す。くらいの聞き流し練習ができればリスニング力は伸びやすく、今までやってきたことの復習にもなります。

 

実際に英語を聞くときは、「発音」「リズム」「リンキングサウンド」「イントネーション」の4つを意識して聞くと流暢な英語を身につけられます。

上記の4つについて説明しておきます。

 

発音

文字1つ1つに付いている音の事です。

説明するまでもないですねw

 

リズム

発話の強弱やスピードの変化の事です。

単語の強く発音されるところは「ゆっくり」発音して、弱く発音するところは「早く」発話するといった特徴があります。

 

リンキングサウンド

2つの単語を繋げて1つの単語のように発音することです。

例えば 「Take it」で普通は「テイク イットゥ」と分けて言いますが、リンキングすると「テイケットゥ」と繋がります。

 

イントネーション

英語を話すときの、声の上がり下がり(抑揚)の事です。

 

 

4、聞き流しに使える教材の紹介

 f:id:piroron19:20200114204651j:image

ここで教材を3種類紹介したいと思います!

 

聞き流しならYouTube が一番おすすめです!

無料で英語を聞けるのと聞き流し用のコンテンツがあったり、海外のバラエティ番組などもみれたりします。

 

「聞き流し 英語」で調べると初級レベル向けの動画が結構出てきます!

 

中級以上のレベルなら

「TED」(プレゼンテーション)やテレビ番組とかがいいと思います。

 

好きな俳優など芸能人がいればその人の名前で検索して出演番組やインタビューされている動画を観るのも面白いですね。

 

 

  • CDとテキスト

CDやテキストを使うならスピードラーニングが一番有名ですね。月に1回テキストやCDが送られてくるため、スケジュールを立てやすいです。

スピードラーニングは日常会話を上達させたい方向けなので日常会話レベルに既になっている方向けではありません。

 

こちらも⤵︎最近人気の聞くのがメインの教材です!参考に!

 

 

  • アプリ

アプリで学習するのも手軽で便利です。ケータイに入れておけばいつでも英語を聞けます!

聞き流し系のアプリをいくつか紹介しておきます。

 

VOA Learning English – Practice listening everyday

こちらは英語でニュースをゆっくり話してくれるアプリで語彙も難しくないです。リスニング力に自身のない人に向いています。

 

・POLYGLOTS(ポリグロッツ)

世界の時事ニュース、スポーツ、アート、ファッション、グルメ、好きな洋楽の歌詞など様々なトピックがあります。自分で興味のある物を聞けばいいので飽きにくいです。ナレーションのスピードも調整出来るため英語力に関係なく誰でも使えるアプリです!

 

BBC News

イギリスの公共放送の公式アプリです。

イギリスを中心に世界で起こっている時事ニュースや世界情勢などをリアルタイムで聴く事ができます。ビジネスレベルの英語を身につけたい人に向いています!

 

・VoiceTube

台湾発の大人気英語学習動画アプリです。

特徴としては、YouTubeにアップされている世界中からの英語動画を教材として学習できます。遊び感覚で英語を学習出来ると評判のアプリです!

 

 

5、まとめ

英語のリスニング力を上げるには聞く量が必要です。なので毎日30分でも英語を聞く時間を作って継続していく必要があります。今回説明したように自分に合ったレベルの英語を沢山聞くことでリスニング力は上がっていきます!

ですが、同じレベルの物を聞き続けても上達は止まってしまうので、徐々に聞く物のレベルを上げていきましょう。スピードも早くしていく事でいつの間にかネイティブスピードの英語も聞き取れるようになり、スピーキングの流暢さにも効果が出てきます!

ぜひ毎日聞くことを継続してみて下さい、英語上達は継続にあります。

 

今回は以上で終わります!

 

 

ブログ村参加中です!

PVアクセスランキング にほんブログ村