ピロッティーブログ

ピロッティーです!このブログでは英語学習とFXトレードについての発信をしています!現在記事数が100以上あるのでカテゴリーから見てもらった方が見たい記事を見つけやすいです。

洋楽で英語を上達させる4つの手順!

こんにちは!ピロッティーです。

 

今回は洋楽を使った英語を上達させる勉強方法についてお話します!

f:id:piroron19:20190711021341j:image

 

洋楽を使って勉強できれば楽しそうですよね。

 

好きな歌手の曲を聴いて歌詞を覚えたりするのは趣味のレベルでできるので苦痛感もなくなります。

 

なのでこれを読んでもらうのを機に今日からでもやってみましょう!!

 

ではここでやり方を説明したいと思います!

 

 

1、まずは音楽を聴きます!(歌詞の意味を知らない曲を選びます)

 

ここでは何となくでいいので内容を把握します。こんなこと言っていそうだなという感じで分からなくても大丈夫です。

 

テンポやメロディーもここで覚えてしまいましょう。

 

出来ればお気に入りの曲の方がモチベーションが上がるのでいいです!

 

 

2、分からない単語や文を調べて内容を完全に把握する。

聴いてて分からないと思って調べると頭に残りやすいので聴いて分からないと思ったところがポイントです!分からないところは確実に潰しましょう!

 

検索すると歌詞を日本語訳してくれてるブログやサイト等が出てくると思うのでそれで調べるのもありです。

 

1単語1単語の意味が書いてあるわけではないので気になる場合はその1単語ずつで検索する方がいいです。

 

 

3、単語や文の意味が分かったところで聴きなおす!

 

ここで曲の物語がどのような物なのか聴いていくと分かると思います。

アーティストが何を伝えたいのか理解しましょう。

 

 

4、曲を聴かなくても歌える状態にする!

 

コンプリヘンシブ シャドーイング(内容を把握した状態で曲について行くように歌う)を何度も行う。→テンポの早い難しい曲だとその分練習回数が多く必要!

 

コンプリヘンシブ シャドーイングを行い最終的には曲を聴かなくても歌える状態になれば完璧です!ここを目標にしましょう!

 

 

僕はジャスティンビーバーの曲をよく聴きます。boyfriend という曲はサビ以外の部分のテンポが早く、それを聴き取れるようになった頃には英語を聴き取れるスピードも格段に上がっていました。

 

YouTube

 

聴いてみると早くて最初は何を言っているか全然分からないと思います。

 

僕も最初は何を言っているか分かりませんでしたが、何十回も聴くとこのテンポにもついて行けるようになりました!

 

今では曲を聴かなくてもフルで歌えるまでになっています。

 

テンポの早い曲は難易度は上がりますがリスニング力、スピーキングのスピード向上が期待できるのでオススメです!

f:id:piroron19:20190711021411j:image

 

ということで今回は洋楽を使って英語力を向上させる方法について紹介させてもらいました!

 

皆さんもぜひやってみてくださいね!!

 

洋楽も紹介しているのでよかったら見てみて下さい!↓

ジャスティンビーバーの曲トップ10紹介 - ピロッティーブログ

 

 

ありがとうございました😄