ENGLISH TIME

英語学習、英会話、留学、海外旅行をメインに記事を書いてます!最近はユーチューブと動画編集についても発信してます!

英語の曜日を略す時の表記方法は?【3種類紹介!】

こんにちは、ピロッティーです。

f:id:piroron19:20200407195833j:image

今回は英語の曜日表記の略し方を紹介します。

「1文字」「2文字」「3文字」の曜日を略した表記方法となります。

 

  もくじ

  1. 英語の曜日表記を略す場合の種類
  2. 曜日
  3. 1文字での表記方法
  4. 2文字での表記方法
  5. 3文字での表記方法
  6. 平日と週末の表現方法
  7. まとめ

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

1、英語の曜日表記を略す場合の種類

f:id:piroron19:20200407195851j:image

日常生活でカレンダー見たりメールをする際に英語だと曜日がよく略されています。

略し方は「1文字」「2文字」「3文字」と文字数の違う表記方法があります。

3文字表記が一番使われるのでもし覚えるのが大変であれば「3文字」を優先的に覚えましょう。

 

ちなみに曜日の先端は大文字となります。(固有名詞であるため。)

固有名詞:人の名前などの他に存在しない物の名前

 

 

では、曜日の表記方法から見て行きましょう!

 

 

 

2、曜日

まずは普通の曜日の表記を見ておきましょう。

 

Sunday

日曜日:読み方(サンデイ)

 

Monday

月曜日:読み方(マンデイ)

 

Tuesday

火曜日:読み方(チューズデイ)

 

Wednesday

水曜日:読み方(ウェンズデイ)

 

Thursday

木曜日:読み方(サーズダイ)

 

Friday

金曜日:読み方(フライデイ)

 

Saturday

土曜日:読み方(サタデイ)

 

次に上記の曜日を1文字で略した物を紹介します!

 

3、1文字での表記方法

f:id:piroron19:20200407195918j:image

1文字の略は曜日の頭文字だけを取っているのでかなり分かりやすいです。 

 

Sunday(日曜日) →S

Monday(月曜日) →M

Tuesday(火曜日) →T

Wednesday(水曜日)→W

Thursday(木曜日) →T

Friday(金曜日) →F

Saturday(土曜日)→S

 

次は2文字の略し方を紹介します。

 「土曜日」と「日曜日」は1文字だと両方「S」表記でどっちがどっちか分からないので、2文字以上で表します。

 

 

 

4、2文字での表記方法

「.」のようなピリオドは単語を略している場合に最後に付けます。

 

Sunday(日曜日) →Su.

Monday(月曜日) →Mo.

Tuesday(火曜日) →Tu.

Wednesday(水曜日) →We.

Thursday(木曜日) →Th.

Friday(金曜日) →Fr.

Saturday(土曜日) →Sa.

 

次は3文字です!

 

5、3文字での表記方法

 

Sunday(日曜日) →Sun.

Monday(月曜日) →Mon.

Tuesday(火曜日) →Tue.

Wednesday(水曜日) →Wed.

Thursday’(木曜日) →Thu.

Friday(金曜日) →Fri.

Saturday(土曜日) →Sat.

 

ここまでで曜日の略し方は終わりですが、「平日」と「週末」の言い方も知らない人はついでに覚えておきましょう!

 

 

6、平日と週末の表現方法

f:id:piroron19:20200407195943j:image

平日(月曜~金曜)は意外と知ら入ない人も多いですが

「weekdays」:読み方(ウィークデイズ)と言います。

 

 

週末は日本でもよく聞くので聞いた事があると思いますが、

「weekend」:読み方(ウィークエンド)と言います。

実際に発声する時は、「ウィーケンドゥ」のように「クエ」というよりは「ケ」寄りの言い方をします。「ド」は「d」の発音なので「ドゥ」っぽい発音の仕方です。

 

 

 

7、まとめ

曜日を表す時の表記は単語をそのまま書くと長いので略してあることが多く、初めて見る人は何の表記か分からないと思います。今回の内容を確認しておけば困る事はないと思うので覚えておきましょう。元の単語を覚えていれば頭文字から1、2、3文字と書かれているだけなので、把握するのは難しくないと思います。

 

 

 最後にですが、上記の略し方をまとめると以下のようになります。

曜日→「1文字」→「2文字」→「3文字」の順番です。

 

Sunday(日曜日) →S→Su.→Sun.

Monday(月曜日) →M→Mo.→Mon.

Tuesday(火曜日) →T→Tu.→Tue.

Wednesday(水曜日) →W→We.→Wed.

Thursday’(木曜日) →T→Th.→Thu.

Friday(金曜日) →F→Fr.→Fri.

Saturday(土曜日) →S→Sa.→Sat.

 

ぜひ参考に!

 

英語に興味のある方はこちらの記事もぜひ見てみてください↓↓

このブログでは「英語学習」「英会話」「留学」「海外旅行」についての記事を扱っています。

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

 

ブログ村参加中!!

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

以上で終わります。

 

 

英語で注文する時に使えるフレーズまとめ【これだけ覚えとけばOK】

こんにちは、ピロッティーです。

f:id:piroron19:20200404183427j:image

今回は海外旅行などでカフェやレストランに行った時に役立つ英語の注文フレーズを紹介します。

海外に行く予定のある人なら確実に使えるのfr覚えておくべきです!!

 

 もくじ

  1. 英語で注文をする時に使えるフレーズ
  2. 入店時の対応
  3. 店員を呼ぶ
  4. 「~をお願いします」と注文する
  5. 注文を変更・キャンセルする
  6. 会計する
  7. 丁寧に注文する方法まとめ
  8. まとめ

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

1、英語で注文をする時に使えるフレーズ

f:id:piroron19:20200404183454j:image

海外でレストランやカフェに行った時に店員とのやりとりで、英語が話せないと困ることはよくあります。

 

やりとりがうまく行けば海外での旅行や生活がより面白くなります。

 

今回は入店からお店を出るまでの一通りのフレーズをシチュエーションごとに紹介しているので覚えておきましょう。

 

ここからシチュエーション事にフレーズを紹介して行きます!

 

 

 

2、入店時の対応

f:id:piroron19:20200404183513j:image

 

  • 挨拶をする

まずは「挨拶」からですね。

お店に入った時に「Hello, how are you?」のような挨拶をされることが多いので、

ここは「I'm good.(調子はいいです。)」のように返してあげましょう。

「How about you? (そちらは?)」と返すと自分の印象も良くなるのでさらにいいでしょう。

 

 

  • 混雑していてどのくらい待つか聞く場合

How long do we have to wait? (待ち時間はどのくらいですか?)

 

待つ時は「Then, we will wait.(じゃあ待ちます。)」と言います。

帰る時は「Maybe next time. (次の機会にします。)と言います。

 

 

  • 予約していた場合

予約をしていた状態で入店する場合は以下のように言います。

I have a reservation. My name is ~. (予約していました。~です。)

 

 

  • どの席に行けばいいか分からない場合

席を案内されない場合は以下のように聞きます。

Where is our table? (私たちのテーブルはどこですか?)

 

 

3、店員を呼ぶ

f:id:piroron19:20200404232348j:image

注文する物が決まり店員を呼ぶ時は以下のように言いましょう。

 

  • カジュアルな表現

Can I take a order? (注文していいですか?)

I'm ready to order. (注文をしたいのですが。) 

 

  • 丁寧に言うなら

I’d like to take a order. (注文させて頂けますか?)

 I'd like to order, please. (注文お願いします。)

 

 

  • 注文が決まっていないのに店員が来た場合

We haven't  decided yet. We need some more time. (まだ決まっていないので、もう少し時間が必要です。)

 

 

4、「~をお願いします」と注文する

f:id:piroron19:20200404232406j:image

ここでは注文をする時に使えるフレーズを紹介します。

 

  • メニューが欲しい時

Do you have a menu? (メニューはありますか?)

 

 

  • メニューから注文するとき

Can I have ~ ? (~をお願いします。)

I'll have ~? (~にします。)

I'd like to have~? (~を頂けますか。)

 

Can I have an ice cream? (アイスクリームをお願いします。)

I'll have a hamburger. (ハンバーガーをお願いします。)

I'd like to have something special. (何かスペシャルな物を食べたいです。)

 

 

  •  他の人と同じ物を注文したい時

I'll have the same please.  (同じ物をください。)

 

 

  • お店のおすすめを聞く場合

Can I ask your recommendations? (おすすめを聞いてもいいですか?)

Do you have any recommendations? (何かおすすめはありますか?)

 

 

  • アレルギーのある人がいる場合

Does it have any ~? (~は入っていませんか?)

 

Does it have any dairy? (この中には乳製品が入っていますか?)

 

 

  • 注文が終わったら

That's all. (以上です。)

と言えばいいです。

 

 

  •  頼んだ物がなかなか来ない場合

We are waiting for ~. Could you check it? (~がまだ来ないのですが、確認してもらえますか?)

We are waiting for our drinks. Could you check it? (飲み物がまだ来ないようなのですが、確認してもらえますか?)   

 

 

 

5、注文を変更・キャンセルする

f:id:piroron19:20200404232427j:image

注文を変更・キャンセルしたい場合は以下のように言います。

 

  • 注文を変更したい場合

Can I change my order? (注文を変更してもいいですか?)

I'd like to change my order. (注文を変更させて頂きたいのですが。)

 

 

  • 注文をキャンセルしたい場合

Can I cancel my order? (注文をキャンセルしてもいいですか?)

I'd like to cancel my order. (注文をキャンセルさせて頂きたいのですが。)

 

 

  • 頼んだ物と違う物が来た場合

I didn't order this one.  (これは頼んでいませんが。)

 

 

6、会計する

f:id:piroron19:20200404232450j:image

 

会計は簡単に

Check, Please. (会計お願いします。) で大丈夫です。

 

先に「Excuse me.(すみません。)」を付けるとより丁寧です。

 

 

  • 人数が1人ではなく分けて支払う場合

We'll pay separately. (分けて支払います。)

 

 

  • 一緒に支払いたい場合

We'll pay together. (一緒に支払います。)

 

 

  • 現金で支払う場合

I'll pay in cash. (現金で支払います。)

 

 

  •  カードで支払う場合

I'll pay by credit card. (クレジットカードで支払います。)

 

 

7、丁寧に注文する方法まとめ

丁寧な表現を心がけたい時は以下の事を意識するといいです!

 

pleaseを付ける!

何かを頼む時に「~please.」 と最後に付ける。

 

~が欲しいと言う時は

「I want ~.」ではなく「I'd like ~.」にする。

 

 

 

8、 まとめ

 今回紹介したフレーズを覚えておけば、お店での対応は大体できると思います。文法は多少間違えても意外と通じるので、自信がなくて言おうか迷っている場合でも思い切って言ってみましょう。相手が理解してくれれば、これくらいの英語でも通じるのかと感覚で分かるようになるので良い経験になると思います!

 

英語に興味のある人は以下の記事も参考に‼️⤵︎⤵︎

このブログでは「英語学習」「英会話」「留学」「海外旅行」についての記事を扱っています!

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

ブログ村参加中!!

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

以上で終わります。

英語を話す練習で最適な方法!【遊び感覚で勉強するべし】

こんにちは、ピロッティーです。

f:id:piroron19:20200402162026j:image

 

今回は英語を話す力を上達させるための方法を紹介します!話す力伸ばすなら確実にやった方がいい事ばかりなのでぜひ参考に!

 

5種類あるので自分に合う方法を探してみて下さい!

 

 もくじ

  1. 英語を話す練習で最適な方法
  2. 音読
  3. イメージトレーニン
  4. アプリ
  5. 英会話教室とオンライン英会話
  6. 留学
  7. まとめ

 

 

1、英語を話す練習で最適な方法

f:id:piroron19:20200402162139j:image

 

英語を話す練習において重要な事は「とにかく声に出して話す」ということです。文法や単語の間違いを恐れずに話す練習をする事が上達の近道です。

話相手がいない場合は独り言でも大丈夫です!

 

文法は多少ミスがあっても通じます。単語だけでも通じる事はよくあります。

 

日本人は正確な文法で話そうとする人が多く、英語が出来ない人ほど話す事をためらいやすいです。

 

僕が海外に語学留学した時は、いろんな国の人に会いましたが、皆んな文法が間違っても通じるまで話そうとしていました。

このマインドが英語を話す上では重要です。

 

間違いがあったら指摘してもらえる事も多いので間違いから学ぶ事ができます。話さなかったら何が違うのかも分からないままになってしまいます。

 

最初は文法が適当でもとにかく話す事に重点をおいて話せるようになってきたら文法の補正もしていくという順番がいいでしょう。

 

 

今回は話す事に重点を置いた勉強方法を紹介します!

 

まずは音読です。

 

 

 

2、音読

f:id:piroron19:20200402162326j:image

独学で話す力を上げるなら「音読」が1番上達できる方法と言えます!

リスニング力アップやリーディングのスピードアップにも効果があります。

 

僕は音読で「流暢さ」を上げる事が出来ました!

 

効果的なやり方は音読をする文章の「内容」「単語の発音」「リンキングサウンド」「イントネーション」「リズム」が分かっている状態で行うことです。

 

これらを理解した状態で音読を行うことで先程言ったように「リスニング力」「スピーキング力」が大きく上がります!それと速読も出来るようになります。

 

「発音」「リンキングサウンド」「イントネーション」「リズム」の説明は以下の通りです。⤵︎⤵︎

 

単語の発音: 単語の呼び方です。単語の一語一語の強弱も確認します。

 

リンキングサウンド: 2つの単語を1つの単語のように繋げて発音することです。(ネイティブがよく使います)

 

イントネーション: 抑揚です。文の中で音が高くなったり低くなったりすることですが、自然な高低がつくと聞きやくなります。

 

リズム: 文全体の強弱をつけることです。日本語には「強」しかないため、日本人は慣れるまで練習が必要です。

 

 

具体的な「やり方」や「教材(文章)の選び方」「音読学習の効果」はこちらの記事にまとめているのでぜひ見てみてください!!

流暢に話せるようになりたい人には特におすすめです。

英語音読のやり方!効果的なステップを伝授【誰でもできる】 - ENGLISH TIME

 

 

3、イメージトレーニン

f:id:piroron19:20200402162416j:image

こちらも独学で英語を話す練習をする方法です。

日本語を話す時に英語でなら何て言うのかを考える癖をつけると、英語を実際に話す時にスラスラ言えたりします。言いたいことを英語にするトレーニングです。最初は時間がかかるかもしれませんが、よく使う言葉は考えなくても即時に出せるようになって行きます。

 

後は普段の日常生活でも誰かと話しているのをイメージしつつ英語を話してみるのもいいです。(声に出さなくてもOK)

 

 

4、アプリ

f:id:piroron19:20200402162512j:image

英語学習アプリも英会話の練習にはかなりいいです!

 

日常会話を音声で聴く事が出来るので、英会話を実践しているイメージが出来ます。本番で役立つ内容がまとめられているので、効率よく学習が出来ます。

 

アプリはスマホがあればいいので「持ち運びが便利」と「隙間時間で勉強が出来るように切りよく内容が区切られている」といった特徴があります。忙しい人におすすめです!

 

最近は高性能なアプリがどんどん出てきています。音読練習が出来る物も多いです。

 

アプリと言っても「単語のを覚える」「読む練習をする」「英会話をする」のようにアプリにも種類があります。

 

話す力を高めるなら「スタディサプリ」がオススメです。テレビのCMでもよく見ますが、かなり人気のアプリなので体験だけでもやってみるといいでしょう!

 

 

英語学習アプリについてはこちらの記事も参考に!!⤵︎

英語学習アプリのおすすめ10選【これらがベスト!】 - ENGLISH TIME

 

 

5、英会話教室またはオンライン英会話

f:id:piroron19:20200402162559j:image

国内で英語を話す相手を作るなら「英会話教室に通う」か「オンライン英会話を使う」という手もあります。これらの英会話は外国人の先生と話すことになるので、英会話の実践練習としては打ってつけです。話す時に文法や発音のミスがあると指摘してもらえるので独学より早く話す力を上達させることができます。

学習のカリキュラムが決まっているので何から始めればいいか迷うこともなく、レベル分けもされているので自分のレベルにあった内容から徐々にレベルアップさせることが出来ます。

 

英会話教室とオンライン英会話の違いは「直接会って話すかどうか」と「グループレッスンがあるか無いか」 です。料金はオンライン英会話の方が安いです。

英会話教室はグループレッスンがあるため、他の生徒と授業を受けたり、友達と通う事も出来ます。

 

英会話教室とオンライン英会話については以下の記事も見てみてください!!


 オンライン英会話おすすめ人気ランキングトップ10!選ぶならこれ - ENGLISH TIME

英会話のレッスンはマンツーマンとグループどっちにするべきか? - ENGLISH TIME

英会話教室とオンライン英会話の比較!両方通ってみた - ENGLISH TIME

英会話教室のメリットとデメリットの比較!150万払って3年通い済み - ENGLISH TIME

 

 

6、留学

f:id:piroron19:20200402162647j:image

これは言わなくても分かると思いますが英会話の実践をするなら留学が最も有効な手段です。

 

留学が出来る人はそんなに多くはないと思いますが、出来るなら確実にするべきです!

 

常に英語を話せる環境にいる事になるので、積極的に話せば日本で勉強するよりケタ違いにグングン上達します。

 

おすすめは半年以上の留学です。理由は半年経ってやっと英語力が伸び始めるからです。数ヶ月だと変化がないまま終わってしまいます。

 

僕は1年留学しましたが、大体5か月経った頃にリスニングがかなり伸びて来ました。スピーキングは正確な文法は使えないけどコミュニケーションは取れるといった感じでした。

ちなみに3か月経過した頃は全然まだ変化がなかったので絶望していました...

 

留学については以下の記事も参考に!⤵︎⤵︎

留学1年の英語力!!英語素人が留学してきたので暴露します! - ENGLISH TIME

英語ができない人は留学をするべき理由【英語力0で留学しました】 - ENGLISH TIME

 

 

 

7、まとめ

今回紹介した方法をおすすめするなら⤵︎⤵︎

 

忙しい社会人の人には学習時間を自分で決められる「オンライン英会話」「アプリ」がおすすめです!

 

学生ならチャンスがあれば「留学」をおすすめします!

難しい場合は「アプリ」や「英会話教室」です。大手の英会話教室の先生はかなり厳しい審査を潜り抜けた人達なので話しやすさ等は心配ないです!

 

お金をかけたくない人は「音読」や「イメージトレーニング」をやりましょう。

これでも話す力を伸ばすことは十分可能です!

出来れば他の方法と併用するとかなり効果的です。

 

「音読」は僕の記事をぜひ参考にしてみてください!!

 

 

英語に興味のある人は以下の記事もぜひ参考に!⤵︎⤵︎

 

このブログでは「英会話」「英語学習」「海外」「留学」等を扱っています!

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

 

ブログ村参加中‼️

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

 

以上で終わります!

 

 

英会話を上達させるためのコツ【11個紹介!!】

こんにちは、ピロッティーです。

f:id:piroron19:20200330193737j:image

今回は「英会話が出来るようになるためのコツはあるの?」

「何をするべきなの?」

といった疑問に答えます!

 

僕の英語力は日常会話が出来るレベルなので

英語初心者、中級者向けに解説したいと思います。

 

 もくじ

  1. 英会話を上達させるためのコツとは?
  2. 気をつけるべき事!
  3. まとめ

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

1、英会話を上達させるためのコツとは?

f:id:piroron19:20200330193750j:image

英会話を上達させるには短期で話せるようにするのではなく、長期で勉強を続けて話せるようにする事が重要です。

 

短期で話せるようになる人もたまにいますが、それは元々英語の知識がある人です。

 

学校の受験で猛勉強をした人は知識はある(聞く、読む)けど使うこと(話す、書く)が出来ないという人が多いです。

ただこういう人は、知識はあるので話す練習さえすれば英会話が上達するスピードは早いです。

 

ただ知識があると言っても使わないと忘れるので、受験勉強が終わってすぐにやるくらいじゃないとみんな覚えてはいないでしょう。

 

ということはほとんどの人は短期間で英会話を上達させるのは難しいということです。

  

では長期で勉強を続けるには何が必要でしょうか??

 

それは英語学習が嫌にならないようにする事です。

 

人は嫌々やると続きません。

 

趣味で出来るレベルまでもっていければ続けられそうだと思いませんか?

 

気軽に英語と関わる事が長く続くける秘訣です。

 

僕は英語の勉強をしていますが、1日に多くても1時間程度です。

 

勉強をしたくなったら1日2時間やる時もあります。やりたくない時は10分くらいの日もあります。

 

では「英会話上達のコツ」と「長く勉強を続ける事」において気をつけるべき点を見ていきましょう!

 

 

 

2、気をつけるべき事!

f:id:piroron19:20200330193759j:image

ここで気をつけるべき事を11個紹介します!

実践出来そうな事があったら取り入れてみましょう。

 

 

文法を気にしないで話す

「文法は間違ってもいいから話す!」これが会話上達では最重要と言えます!

間違う事を恐れて声に出すのが遅くなったり、出せなくなったりする人は日本人にはかなり多いです。

実際に間違ってもいても通じる事は意外と多く、間違いから指摘してもらえたりと学ぶ事も多いです。

指摘してもらえた方が上達は断然早いです。

 

 

とにかく声に出す

英文を読む時はなるべく声に出しましょう。声に出す機会を増やす事で「発音」「リズム」「イントネーション」などを身につけ維持できます。

「発音」などは声に出す練習をしていないとすぐに「カタカナ英語」に戻ってしまいます。

英語を話す機会が少ない人ほどこれをやるべきです。

 

 

推測力を身につける

英会話で話を聞く時に、分からない単語が出てくることはよくあります。英語の基礎が出来ていれば特殊な単語が出ない限り推測する事は可能です。英語を集中して聞く練習をすれば「こんなこと言ってるのかな?」と推測出来るようになってきます。

 

「聞き流し」で何となく聞いていると推測力は身につきません。

 

推測が出来ると特に日常会話のシーンでは話やすくなったりと効果が大きいです。学校や資格の試験でのリスニング問題にも大きく効果が出ます。

 

 

日本語に訳さないようにする

これも練習が必要ですが、英語を日本語に略していると会話中の返しが遅くなります。日本語に略しにくい場合もあるので、英語を聞いてそのまま意味が分かる状態にしたいです。

 

方法としては英語を聞く時間を大量に増やすことです。何回も聞いたことがあるフレーズは日本語に訳す前に意味が分かったりします。数回しか聞いたことがないフレーズは日本語に訳してしまいやすいです。なので、テレビやラジオでもいいので英語を聞いて触れる時間を作りましょう。

 

 

 英単語を最低1000単語覚える

英会話をするなら最低でも日常会話でよく使う単語を1000個は覚えていないと出来ません。英語初心者で覚えていない場合は、まずは単語を1000個覚えるところから始めましょう。中学校で習う単語が日常会話でよく使う1000単語になります。(英検で言うと3級です。)

 

 

勉強中に分からない単語が出てきても全部調べようとしない

分からない事を毎回気にすると、なかなか進まないためやる気が激減します。分からないと思う内容が多い場合は一旦飛ばすのもありです。

 

例えば本を読んでいて分からない単語ばかり出てくる場合は、本のレベルを下げるか多少調べつつ、飛ばし飛ばしで内容をなんとなく把握するレベルで読み進めると言った感じがいいです。

 

 

毎日話す練習をする

話す練習を毎日やる事が重要です。話す頻度が多いと頭が英語の感覚に慣れてくるので「流暢に話せたり」、「返しが早くなる」いった効果が現れます。

 

独り言でもいいので、会話をしているイメージトレーニングを1日30分くらいはやりたいところです!

 

 

毎日1時間以内の勉強時間にする

試験などが近い場合だと話は別ですが、1日に3時間、4時間も英語の勉強をすると相当英語が好きな人でない限り1週間もしないで嫌いになるでしょう。毎日続けるのが重要なので、1日の勉強時間はほどほどにするのがオススメです。

 

 

毎日違う事をやる

毎日同じ事をやると飽きやすいです。

例えば毎日「単語の勉強」をするや、毎日「音読の練習」をすると言った感じです。

英会話の勉強と言っても出来る事は「聞く」「話す」「書く」「読む」などの内容によって沢山あります。

勉強の内容を変えてみることでメリハリが付くので勉強が捗ります。

 

 

スラングも覚える

スラングとは話す時によく使われる砕けた言葉です。会話中によく出てくるので、教材だけで勉強している人は知らない事が多いです。これはネットでスラングを調べると出て来るので余裕がある人は調べて覚えておく事をお勧めします。海外のドラマや映画を見ても出て来るので定期的に見て勉強するのもありです。

 

 

 目標を持つ

英会話が出来るようになったら何をしたいかを決めておきましょう。それに向かって努力をすることでモチベーションを維持することができます。「海外旅行で外国人と英語で話す」や「外国人の友達を作る」「好きな歌手や俳優が何を言っているのか理解できるようになりたい」などの目標でいいでしょう。

 

 

www.hirorokin.com

 

 

 

まとめ

先ほども言いましたが英語学習は目標を持つ事で学習に対する意識が大きく変わります。英語以外の勉強でも同じ事が言えるので勉強をする際は目標を先に設定しましょう。学生なら「〜学校に行くため」など簡単に作れます。社会人の人なら「収入を増やすため」とかですかね!

 

今回紹介した英会話を上達させるために気を付けるべきポイントを意識しながら英会話の練習や勉強を続ければ上達は早くなるのでぜひ参考にしてみて下さい!!

 

 

英語に興味のある人は以下の記事も参考に!!

このブログでは「英語学習」「英会話」「留学」「海外旅行」についての記事を扱っています!

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

  

ブログ村参加中!!

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

以上で終わります。

 

英語のスピーチに使える例文22選【そのまま使えます!】

こんにちは、ピロッティーです。

f:id:piroron19:20200327133136j:image

今回は英語のスピーチで使える例文を22選紹介します。

スタンダードな型となるセンテンスなのでジャンルを問わずほとんどのスピーチで使える例文となります。

 

  もくじ

  1. 英語のスピーチに使える例文
  2. 挨拶の例文
  3. 自己紹介の例文
  4. 本題に入る時の例文
  5. 締めの例文
  6. 質疑応答で使える例文
  7. まとめ

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

1、英語のスピーチに使える例文

f:id:piroron19:20200327133152j:image

英語でスピーチをする場面は仕事、学校、プライベートなど様々です。

話す時はカジュアルというよりは丁寧なフレーズを使って話す場面が多いでしょう。

そこで今回は丁寧な言い方の例文を紹介します。カジュアル、フォーマルの両方の場面で使える例文なのでぜひ参考に!!

 

例文は「挨拶」、「自己紹介」、「本題」、「締め」、「質疑応答」の5つに分けて紹介します!

 

では行きましょう。

 

 

2、挨拶の例文

まずは軽くあいさつから入ります。来ていただいた事への感謝の気持ちを伝えるところから始めましょう。

 

例文は以下の通りです!

 

Hi, everyone! (みなさん、こんにちは。)

 

Hello, ladies and gentlemen. (みなさん、こんにちは。)

「Hi, everyone」よりフォーマル度が強い表現です。

 

Thank you for coming today. (本日はお越し頂きありがとうございます。)

 

Thank you for giving me this opportunity. (このような機会を頂きありがとうございます。)

呼んで頂いた事への感謝の気持ちを伝える場合に使う。

 

Thank you for your introduction. (ご紹介ありがとうございます。)

誰か(司会者等)に紹介されてから話す場合。

 

May I have your attention, please? (聞いていただけますか?)

周りがざわついていて話しにくい時に使えます。

 

I'm nervous now, but I'll do my best. (今緊張していますが、ベストを尽くします。)

緊張してうまく話せそうにない時に言うと、聞いている人も状況を把握してくれるので聞きやすくなります。

 

 

3、自己紹介の例文

自己紹介も軽くしておきましょう。名前と肩書きを伝えるくらいでいいと思います。

 

Firstly, I'd like to introduce myself. (まずは自己紹介からさせて頂きます。)

 

My name is ~. (~と言います。)

名前を言う場合。

 

I'm in the 2nd grade of ~ high school. (~高校の2年生です。)

学生が肩書きを言う場合

high school」の部分を

「大学:University」

「中学校:junior high school

「小学校:elementary school」

と言い換えられます。

 

I'm Maru Kimoto, in charge of the ABC company. (私はABCカンパニー代表取締役の木本まるです。)

名前と職業を言いたい場合。(名前の後に職業を入れます。)

 

 

 

4、本題に入る時の例文

f:id:piroron19:20200327133307j:image

ここでは本題に入る時に使える例文を紹介します!

 

This time, I'd like to talk about〜. (今回は~について話たいと思います。)

※「This time」を「Today:本日は」にするとよりフォーマルに聞こえます。

 

 Today, I'm here to tell you ~. (今日は~について伝えに来ました。)

 

 All right then, let’s move onto the main subject of the speech. (さて、スピーチの本題に入りましょうか。)

 

 Now, I'd like to get on to the main subject. (今から本題に入りたいと思います。)

 

 

5、締めの例文

英語での最後の挨拶は長くする必要はなくさらっと終わらせるのが一般的です。なので以下のように「Thank you.」などの一言で終わらせる場合が多いです。

 

Thank you. (ありがとうございました。)

 

Thank you for listening. (ご清聴ありがとうございました。)

 

Thank you so much for your kind attention. (ご清聴頂きありがとうございました。)

 

 

6、質疑応答で使える例文

スピーチが終わってリスナーの質問を自分で聞く場合は以下のように言います。

司会者がいればその司会者が聞くのが普通です。 

 

Does anyone have any questions? (何か質問はありますでしょうか?)

 

 If anyone have questions, I'll try to answer. (質問があればお答えします。)

 

Sorry, I couldn't catch you clearly. (すみません、うまく聞き取れませんでした。)

何を言っていたか聞き取れなかった場合。

 

Could you say it again? (もう一回言って頂けますか?)

もう一回質問を言って欲しい場合。

 

 

 

7、まとめ

今回は英語のスピーチで使える例文を紹介させてもらいました。

スピーチを聞いてもらう場合は丁寧な言葉を使うことで、相手も不快感なく話を聞く事ができます。

聞く側が全員友達などの親しい関係性であればカジュアルな表現を使ってもいいと思います。

 

ただ、丁寧な表現は親しい関係性の人にも使えるので、英語初心者でフレーズの使い分けが難しい場合は、丁寧な表現で統一してしまった方が話やすいでしょう。

 

今回紹介した例文をぜひ参考にしてみて下さい!

 

 

英語に興味のある人は以下の記事も参考に‼️

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

 

ブログ村参加中!

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

以上で終わります。

 

 

 

英語の勉強に効果的なノートとは??【これで英語力アップ】

 こんにちは、ピロッティーです!

f:id:piroron19:20200323210711j:image

 

今回は「英語の勉強ノートの作り方」

「ノートを作った場合の勉強法と効果」

についてを紹介します!

 

僕の知り合いで成績が急激に伸びた人の方法なのでぜひ参加に!!

 

  目次

  1.  英語の勉強に効果的なノートとは??
  2. ノートの作り方
  3. これをやると勉強する際にさらに効果的
  4. まとめ

 

www.hirorokin.com

 

 

 

 1、英語の勉強に効果的なノートとは??

f:id:piroron19:20200323210746j:image

英語の勉強に効果的なノートとは、見ただけで要点を短時間で覚えられるノートの事です。

それを作る事ができれば、試験などの前にそれを見ただけで要点を把握できるので、英語力が上がるだけでなく試験でもより良い結果が期待できます。

 

 

では早速ノートの作り方を見ていきましょう。

 

 

 2、ノートの作り方

f:id:piroron19:20200323210808j:image

学校の授業用と独学用の場合で分けてノートの作り方を紹介します。 

 

授業の場合(学校)

学校の授業でノートを使う場合は、文法を習うのがメインになると思います。

 

 ノートは上記でも言ったように要点をまとめた物を作ります。学校の授業でノートをとると思いますが、それを自分の分かりやすいようにまとめるということです。(授業用と別でまとめる用のノートを用意します。)

 

先生が書いたものをノートに写しても、人それぞれ理解度に差が出ます。なので、自分が見てすぐに理解できる状態の物を別で用意するということです。

 

自分の分かりやすい物に書き換えると、その際に自分の理解度が一気に高まります。そのノートを見れば復讐も簡単にできるので一石2丁鳥です。

 

学校の授業ノートをまとめる場合に

必要なことは以下の通りです。

 

マーカーで色分け

文章が全部同じ色だと重要な部分が分かりにくいので、重要な部分は色を変えるか下に線を引くなどして分かりやすくしておきましょう!

いろんな色を使うとごっちゃになるので色は統一しましょう。

重要度ごとに色分けするとさらにいいです。(3種類くらいがベストでしょう。)

イメージとしては「とても重要」「重要」「その他の部分」くらいの色分けです。 

 

いらないと思う文を省く

いらない文とはまとめる際に重複していたり、なくても問題ないと思える文です。

例えば先生が1つの文に対して例文を沢山出していた場合に、同じ文法の使い方の物が重複するので1つに絞ります。コンパクトにした方が見やすく頭に入るので。

 

 

完全に分かる内容は入れない(分からない部分を最優先に書く)

復習をする場合は分からない部分を最優先に勉強するべきなので、完全に理解している部分を入れる必要はありません。やや覚えてるのレベルだったら分からない部分と「色を分ける」か「ノートを別」にするようにしましょう。

勉強できる時間が少ない時にどこを特に理解出来ていないかを探しやすくなります。

 

スペースはちゃんと空ける

復習する際に見やすいノートでなければノートを開いた際に、復讐のやる気が激減します。一塊ごとにうまくスペースを空けておくことで、キリがよくなるのでパッと見ただけでどこまでその時にやるか決めることもでき、集中力やモチベーションが上がりやすくなります。

 

 

独学の場合

独学の場合は、単語を覚える際にノートを使う事が多いと思います。

 

  単語を覚えたい場合は単語一語に対して例文を1つ作ります。(1つ以上でもおっけい。)英語初心者で文を作れない場合は、単語を辞書で調べてそこに書いてある例文を書き写すだけでもいいです。

 

これをやるとその単語の事を考えながら文を作るので、ただ見たり書いたりするだけより強く記憶に残りやすくなります。

 

英語が出来ない人は例文を移すだけでも、単語プラス文法も身に付きます。僕は写すのを最初はやっていました。電子辞書の例文は関係代名詞がよく出てくるので、関係代名詞はこの方法で身に付けました。

 

1000単語くらいやれば基礎的な文法はかなり身に付くと思います。(「こんな感じで使うのか!」と感覚的に身に付きます。)

 

次にノートを使って勉強する際に効果的な方法を紹介します。

 

 

 

3、これをやると勉強する際にさらに効果的

f:id:piroron19:20200323210832j:image

 

声に出して単語や英文を読む

英語を覚える際はいろんな動作を取り入れるとより記憶に残りやすくなります。

普通なら「書く」と「見る」の動作をやるだけですが、「声に出す」という動作もいれることでさらに記憶に残りやすくなります。

 

 

運動をしながら勉強する

昔「ドラゴン桜」というドラマでやっていましたが、「歩く」などの運動しながら勉強すると、頭の働きが良くなり記憶力が上がります。ノートを見て勉強をする際に「歩く」動作と上記で紹介した「声に出す」の2つの動作を加えることで大きな効果を期待することができます。

 

 

 

4、まとめ

今回はノートの作り方についてをメインで紹介させて頂きましたが、英語の単語や文法を1回で覚えるのは、覚える時に相当印象的な覚え方をしない限り難しいです。

 

印象的な覚え方とは例えば好きな歌手に会えてその時に1単語教えてくれたとかです。

 

これだと「好きな歌手に会えた」という印象的な出来事が頭に残るので。その時に教えてもらったことも記憶に残りやすいです。

 

数単語ならできなくもないかもしれませんが、単語の数は1万を超えるくらい膨大なので毎回やるのは不可能ですよね。

 

なので、何回も繰り返し使って復讐できるノートを作る事が理想です。手間はありますがやった方が英語力アップの効果は期待できるので、興味のある方はぜひ今回紹介した内容をやってみてください。

 

英語に興味のある方は以下の記事も参考に!!↓

このブログでは海外や英語学習に関する情報を発信しています。

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

ブログ村参加中!!

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

以上で終わります。

 

英語の「~月」などに前置詞を付ける方法!「1~12月の英語も紹介」

こんにちは、ピロッティーです!

f:id:piroron19:20200318132348j:image

今回は英語の「~月」などの時を英語で表す際の「前置詞」の使い方を紹介します。

 

1~12月の英語での表し方も紹介します。

ぜひ参考に!!

 

  もくじ

  1. 英語で「〜月」などの時を表す際に使う前置詞の種類
  2. 前置詞の使い方、例文
  3. 1月~12月の英語での表し方
  4. まとめ

 

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

1、英語で「〜月」などの時を表す際に使う前置詞の種類

f:id:piroron19:20200318132413j:image

 

使う前置詞の種類は「at、on、in」の3つです。

 

これらの3つは以下のような使い方です。

 

  • at:時間やタイミング、時期を表す
  • on:その日を表す
  • in:月や年を表す

 

これらを踏まえて以下の例文を見ていきましょう!

 

 

2、前置詞の使い方、例文

f:id:piroron19:20200318132429j:image

 「at」を使った例文

まずは「at」を使った例文を見ていきましょう。

 

「時間」を表す場合の例文

I have to leave here at 10:00am to go to school. (学校に行くために、10時にここを出なければなりません。)

 

We are going to together at 9:00pm near the station. (私たちは夜の9時に駅に集合します。)

 

 

「タイミング」や「瞬間」を表す場合の例文

I bought this bag at that time. (その時にこのカバンを買いました。)

 

We went to Tokyo at the same time. (私たちは同じタイミングで東京に行っていました。)



「時期」を表す場合の例文

I got a present from my friend at Christmas. (クリスマスに友達からプレゼントをもらいました。)

 

I ate too much at New Years. (お正月に食べすぎました。)

 

 

「on」を使った例文

次に「on」を使った例文を見ていきましょう。

 

「日」や「曜日」を表す場合の例文

I'm going to eat out on Sunday. (日曜日にご飯を食べに行きます。)  

 

I want to walk on a sunny day. (晴れの日に外を歩きたいです。)

 

I have a plan to visit my sister's house on December 10, 2020. (2020年の12月10日に妹の家に訪れる計画があります。)

 

I would like to meet my favorite singer on my day off. (休みの日に私の好きな歌手に会いに行きたいです。)

 

 

「in」を使った例文

最後に「in」を使った例文を見ていきましょう。

 

 「月」や「年」を表す場合の例文

You need to finish all of these in July. (7月中にこれらを全て終わらせて下さい。)

 

There is a test in November. (11月にテストがあります。)

 

Your brother is coming back in April. (4月にあなたの弟が帰ってきます。)

 

You should graduate from school in this year. (あなたは今年で学校を卒業するべきです。)

※留年しそうな人へ言う時

 

 

 

3、1月~12月の英語での表し方

f:id:piroron19:20200318132450j:image

数が多いので覚えるのは大変ですが、日常で英語を使うなら覚えておく必要があるフレーズです!日程の話をする時に必ず使うでしょう。

 

1月→January(ジャーニュアリー)

2月→February(フェブラリー)

3月→March(マーチ)

4月→April(エイプリル)

5月→May(メイ)

6月→June(ジュン)

7月→July(ジュライ)

8月→August(オーガスト

9月→September(セプテンバー)

10月→October(オクトーバー)

11月→November(ノーベンバー)

12月→December(ディッセンバー)

 

 

4、まとめ

今回紹介した英語の前置詞「in」「on」「at」は覚えておくと役立つ場面が多いのでもう一度おさらいしておきましょう!

「at」は時間やそのタイミングを表す。

「on」はその日を表す。

「in」は月や年を表す。

意味はシンプルなので覚えるのはそんなに難しくないと思います。

使い方は上記の例文を参考にイメージして物にしてしまいましょう!

 

英語に興味がある方は以下の記事もぜひ読んでみて下さい‼️

このブログでは「英語勉強法」「英会話」「留学」「海外旅行」について発信しています!

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

www.hirorokin.com

 

 

ブログ村参加中!

PVアクセスランキング にほんブログ村

 

以上でおわります。