ピロッティーブログ

25歳の人です!英語の役立つ情報を発信しているので英語力をグイッと上げちゃってくださいᕦ(ò_óˇ)ᕤ

ニュージーランドにいる羊は人口よりも多い!?

こんにちは、ピロッティーです!

f:id:piroron19:20190925032957j:image

今回はニュージーランドの羊についてお話します!

 

ニュージーランドは羊🐏が多い事で有名です。

僕が初めてニュージーランドに行った時も郊外の牧場で見かける動物は羊ばかりだったので驚きました。

 

   目次

  1. ニュージーランドの羊について
  2. なぜ羊が多いのか
  3. 食べ物や製品も羊が関係したものが多い

 

 

1、ニュージーランドの羊について

2017年の統計で2750万頭もの羊がニュージーランドにいることが発表されています。

人口が2018年時点で480万人なので、羊の方が5倍以上多いことになります。

街中には流石にいませんが郊外に牧場が沢山あるので、街を出れば羊の群れを見かける機会は多いです。

羊の牧場が次々に隣接されているので車で遠出すると、ずっと羊を見続けることになりますw

 

 

2、なぜ羊が多いのか

元々ニュージーランドに羊はいなく、イギリスの探検家によって1770年代に初めて持ち込まれたそうです。
1850年代に羊の数が急速に増えました。増えた羊はほとんどがオーストラリアから輸入され、1864年だけで13000頭の羊がオーストラリアから輸入されてきたそうです。そのおかげで羊毛や羊肉などの産業が発展してニュージーランド経済にも影響を与えはじめました。
そのまま羊が増え続け現在に至るというわけです。

 

 

3、食べ物や製品も羊が関係したものが多い

ニュージーランドではラム肉などの食べ物や服などの製品にも羊が関係しているものが多いです。

 

ラム肉だとレストランでラムシャンク(ラムのすね肉)やケバブカバブ)としてメニューに出てくる事が多いです!

 

製品だと羊の毛が使われます。羊の毛は保温性が高いため、寒さ対策として冬に着る物やスリッパ、ブーツ、車のハンドルに付けるものなど様々用途で使われています。

特にムートンブーツは人気が高く売れるそうです。

 

羊毛の製品はどれも人気あるのでもし現地に訪れたならお土産にも最適と言えるでしょう!

 

羊毛とは関係ありませんが、羊が多い国なだけに羊がモチーフのグッズも多いです。

一種のキャラクター状態って感じです!

 

f:id:piroron19:20190925033254j:image

以上がニュージーランドの羊についてです。

現地では羊の毛刈りショウもあるみたいなので見てみるのも面白そうですね!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました!

 

ニュージーランドの記事は他にもあるのでよかったら参考に!↓

ニュージーランドで有名な食べ物や観光地10選!! - ピロッティーブログ

ニュージーランドで有名な食べ物や観光地10選!!

こんにちは、ピロッティーです!

f:id:piroron19:20190924000135j:image

今回はニュージーランドで有名な場所や食べ物などを10個に厳選して紹介したいと思います!!

旅行で行く際には是非参考にしてみてください!

 

 

  目次

  1. ラム肉
  2. クッキータイム
  3. ホーキーポーキー
  4. スカイタワー
  5. クイーンズタウン
  6. ミッション・ベイ
  7. ホット・ウォーター・ビーチ
  8. マウントクック
  9. タイエリ峡谷鉄道
  10. キウイ(kiwi)

 

 

1、ラム肉

ニュージーランドでは羊が人間の数より多いと言われてるため、羊の肉であるラム肉が現地では人気です。

ニュージーランドのラム肉は非常に美味しいため、現地に訪れた際は必ず食べるべきです。

他の牛肉や鶏肉と比べると、ラム肉は高級な肉ということもあり、レストランでも価格は上がってしまっていますが、せっかく訪れたなら食べておきたいものです。

 

 

2、クッキータイム

キャラクター付きのオーガニッククッキー
 
ニュージーランドでお菓子のお土産として人気なのがクッキータイムです。

日本でも人気で原宿にお店がオープンしました。
1枚のサイズが大きく、海外っぽいです。ユニークなキャラクターが描かれてい、パッケージもおしゃれです。チョコレートチップやホワイトチョコレートなどの様々な種類の味もあります。
クライストチャーチが発祥地で、そこにある工場の内部にあるショップでは激安の値段で買えるそうです!

【クッキータイム 2,500円以上送料無料】トリプルチョコレートチャンククッキーパック(45g x 7枚入り)

「クッキータイム  2,500円以上送料無料」ミニクッキーパック 7枚入り (ホーキーポーキー&ホワイトチョコレート)

 

 

3、ホーキーポーキーアイスクリーム

ニュージーランドは世界で最もアイスの消費量が多い国と言われています。その中でホーキーポーキーニュージーランド産であり、食後に食べる事が定番となっています!

 

日本でもネットやスーパーで手に入るので是非買ってみてはいかがでしょう?

ニュージーランドアイスクリーム エメラルド バニラ800ml・エメラルド ホーキーポーキー800ml 2個セット 【冷凍】

 

 

4、スカイタワー

オークランドのシンボルであり、高さ328メートルのタワーからオークランドの街並みを一望できます!

 

世界で25番目に高いタワーで1997年にオープンしました。

 

タワーの上を命綱を付けて歩く体験ができたり、

カイジャンプという200m上空から下まで飛ぶことができるアトラクションがあります!

勇気のある人は体験するべき‼️

 

 

5、クイーンズタウン

f:id:piroron19:20190924000151j:image

ショッピングからアトラクションまで楽しめる大人気の観光スポットです!

アトラクションはジェットボード、バンジージャンプ、ゴンドラ等があります。

 

 ゴンドラで登ると、高さ約800mの展望台内のレストランがあり、クイーンズタウンの街並みを一望することができます。食事はニュージーランドの名物料理を堪能でき、デザートも評判が高いです。ディナーではマオリ族伝統芸能「ハカ」を間近で楽しめたり、星空鑑賞をする事も出来ます!

 

ジェットボードはジェットコースターの水上バージョンといった感じでジェットコースター好きにおススメです!水しぶきも激しく僕も体験しましたが、クイーンズタウンで1番楽しく印象に残りました。

f:id:piroron19:20190924000208j:image

 

6、ミッション・ベイ
周辺にはビーチが多く、街からのアクセスも良いため、オークランドでは人気の場所です。ビーチ沿いにサーフィンなどのマリンショップが並び、近くにはレストランやカフェなどの飲食店もあります。1日中いても楽しめると思います!!

 

オークランド市内から車で15分程度で行けます。

 

 

7、ホット・ウォーター・ビーチ(コロマンデル半島)

ホット・ウォーター・ビーチはコロマンデル半島の東海岸に位置し、オークランドから行きます。特徴は砂浜から天然温泉が湧き出ていることです。地元の人にも人気で近くにセカンドハウスを持っている人も多いです。

天然温泉は干潮時刻の前後2時間だけ楽しめます。温泉に入りながら目の前のきれいなビーチを眺めることが出来るので人気の観光スポットです!

 

 

8、マウントクック(アオラキ/マウント・クック国立公園)

ニュージーランドの南島にあり、高さが3000m以上です。日本の富士山と同等の高さです。

緑と氷河の景色を楽しむ事ができ、氷河でできた白銀を標高1000mの場所で見ることができます。これが出来るのは世界でも数少なく世界中からその景色を見に来る人が沢山います。

 

 

9、タイエリ峡谷鉄道(ダニーデン)

オタゴ地方の大自然を満喫できます

 

ダニーデン観光ではかなり人気です。(予約は必須)

1879年から1990年まで運行され、廃線となった鉄道路線を利用しています。

途中で外に出て撮影する時間も沢山あります!

所要時間は4時間程度でスタッフが見どころを解説してくれます。

 

 

10、キウイ(kiwi)

世界でニュージーランドにだけ生息している動物で、鳥ではありますが飛べません。

せっかくニュージーランドに行くなら一目見ておきたい動物です。

現在13箇所の動物園等で見る事ができます。

その内の2箇所を紹介しておきます↓

・ロトルア『Kiwi Encounter at Rainbow Springs

オークランド『Auckland Zoo』

 

 

f:id:piroron19:20190924000444j:image

以上がニュージーランドの有名な物10選でした。

最後まで読んで頂きありがとうございました‼️

ニュージーランドの歴史と文化!マオリ族とは?

こんにちは、ピロッティーです!

f:id:piroron19:20190922175925j:image

今回はニュージーランドの歴史と文化について僕が分かる範囲で簡単に説明していきたいと思います!   

 

  目次

  1. ニュージーランドの歴史
  2. マオリ族伝統芸能:ハカ
  3. マオリ
  4. タトゥー
  5. グリーンストーン

 

1、ニュージーランドの歴史

 

ニュージーランドは元々無人島で約1000年前(8世紀辺り)にポリネシアマオリ族と呼ばれるニュージーランド先住民族が移住してきたことによって出来上がった国だそうです。

カヌーに乗ってやってきたそうなので驚きますね!

 

 

1700年代にヨーロッパ人の探検家がニュージーランドを発見し、上陸しました。

1800年ごろにヨーロッパ人がニュージーランドをクジラやアザラシをとるための補給地として使っていました。

その後徐々にヨーロッパ人の移住者が増えていったそうです。

 

 

2、マオリ族伝統芸能:ハカ

ニュージーランドではラグビーが人気のスポーツで、世界一強いと言われています。

オールブラックスというチーム名を聞いた事がある人は多いと思います。

 

最近日本でも注目されているため、ニュージーランド(オールブラックス)が試合の前に行う“ハカ”と呼ばれる踊りが有名になってきています。

ハカはマオリ族の伝統的な文化です。

ハカ:歌、踊り、表情が一体となって表現されたもの

 

相手を威嚇する時に行うそうです。

迫力満点なので見た事ない人はぜひ見てみてください!!

 

 

3、マオリ

マオリ語というニュージーランドの先住民が使う言葉があり、現在は第2言語として使われています。

公用語として使われているため、挨拶等でよく耳にします。テレビでも現地の番組だとよく聞きます。

 

一度はその言語が無くなるという話もあったそうですが、今だに使われています。

僕もKia ora(キア オラ)という言葉は習いました!意味は “Hello”と同じです。

 

f:id:piroron19:20190922180025j:image

4、タトゥー

マオリ族にはモコと呼ばれているタトゥーがあり、非常に神秘的なものとして扱われています。

 

顔に1部だけ入れる人もいれば全身に入れる人もいます。元々は男性がよく入れていましたが、現在では女性も入れるそうです。

 

タトゥーはステータスを証明する事ができ、昔は社会的に地位の高い人しか入れることは許されていませんでした。

 

 

5、グリーンストーン

グリーンストーンはニュージーランドで主に採掘され、マオリ族の人にとっては大事な石です。武器、装飾品、道具などに使われています。

現地のお土産屋さんに行くとグリーンストーンで出来た置き物やペンダントなどが沢山売られています。

現地でのお土産としては最適です!

f:id:piroron19:20190922180201j:image

 

以上がニュージーランドの歴史と文化です。

最後まで読んで頂きありがとうございました‼️

 

ニュージーランドについての記事は以下も参考に!↓

ニュージーランドの人口は日本の約25分の1!? - ピロッティーブログ

ニュージーランドの気候は?行くなら冬は避けるべき! - ピロッティーブログ

ニュージーランド英語の特徴を紹介【知ってて損はなし!】 - ピロッティーブログ

ニュージーランドの気候は?行くなら冬は避けるべき!

こんにちは、ピロッティーです!

f:id:piroron19:20190921042143j:image

今回はニュージーランドの気候についての記事となります!

 

ニュージーランド英語圏であり、旅行や留学で人気な国です。留学はアメリカやイギリスよりも低コストで行けます。ですが、気候に日本と違った特徴があるため、特徴を知っておくことは重要です。

 

この記事を読んでニュージーランドに行く際の参考になればと思います!

 

 

   目次

  1. ニュージーランドの気候の特徴
  2. 月ごとの季節
  3. 冬に行くのは避けた方が理由

 

 

1、ニュージーランドの気候の特徴

ニュージーランドは南半球にあり、南に行くほど気温が低いです。日本と同じで四季もあります。

 

日が沈む時間が遅く、夏だと夜9時頃まで明るいです!

大気汚染度が低く、空気が澄んでいます。澄んだ空気は紫外線を多く含むそうです。紫外線が日本の7倍近くということもあるので日焼け止めは必須です!

 

 

2、月ごとの季節

春:9月〜11月

春の日中の気温:約15〜20度

 

夏:12月〜2月

夏の日中の気温:約20〜25度

 

秋:3月〜5月

秋の日中の気温:約18〜25度

 

冬:6月〜8月

冬の日中の気温:約10〜15度

 

ニュージーランドの季節は日本の反対だと思えばいいです。

日本が夏ならニュージーランドは冬です!

もし行く場合は服装に気を付けましょう。

防寒着は現地で調達するのもありです。ニュージーランドは羊が多いため、羊の毛を使った防寒着が売られています。羊の毛は熱を逃がしにくく保温性が高いと言われています。なので

羊の毛を使った上着等を現地で買うことをお勧めします。

 

僕がニュージーランドにいた時の話ですが、テレビはアメリカの番組がよく放送されていました。ニュージーランドが夏の時はアメリカが冬のため、雪景色が映っていたり、音楽が冬の曲ばかりかかっていたりと変な感覚でした。

 

f:id:piroron19:20190921042022j:image

3、冬に行くのは避けた方がいい理由

 

ニュージーランドは基本的に山の上にある家が多く、坂も多いため冬に雪が降ると凍るため滑ります。(家が山の上に沢山あるイメージです。)

山と言っても日本の有名な山ほど大きくはありませんが。

下の2枚目の写真のようなイメージです。

f:id:piroron19:20190920131134j:image
f:id:piroron19:20190920131131j:image

車の事故等も多いです。

僕もホームステイしていた時に家が山の上だったのですが降りる時によく滑りました。

長い坂のところで滑ると下まで滑り落ちます。

滑る経験はしましたがかなり怖いです。

坂のカーブも多く下手すると崖から落ちます。

 

冬はスキーに出かける以外はあまり家から出ない人が多い印象でした。

バンジージャンプなどの現地で人気のアトラクションも冬は出来ないので旅行等で行くなら春〜秋がいいでしょう!

 

 

以上がニュージーランドの気候についてでした。

最後まで読んで頂きありがとうございました‼️

f:id:piroron19:20190921042402j:image

 

 

ニュージーランドについての記事は他にもあるのでよかったら!↓

ニュージーランド英語の特徴を紹介【知ってて損はなし!】 - ピロッティーブログ

ニュージーランドの人口は日本の約25分の1!? - ピロッティーブログ

ニュージーランドの人口は日本の約25分の1!?

こんにちは、ピロッティーです!

f:id:piroron19:20190920103737j:image

今回はニュージーランドの人口についてお話します!

前回に引き続きニュージーランドの記事となります。(ニュージーランドカテゴリーの記事を増やしていますw)

 

ニュージーランドという国は皆さん聞いたことはあると思いますが内部の人口等の情報までは知らない人が多いと思います。

この記事では日本の人口とも比較もしていますので、読んでもらえればニュージーランドの人口の規模が分かると思います。

 

  目次

  1. ニュージーランドの人口
  2. 人口密度が低い?
  3. 日本の人口との比較!

 

 

1、ニュージーランドの人口

 

ニュージーランドの人口はゆるやかではありますが年々増えています。(5年で20万人くらいのペース)

2018年時点で約480万人だそうです。

 

主要都市オークランド、ウェーリントン、クライストチャーチが人口の半分以上を占めています。

 

ニュージーランドの民族は

欧州系74%
マオリ系15%
アジア系12%
残りはその他だそうです。

 

マオリ系がニュージーランドの先住民です。

f:id:piroron19:20190920124730j:image

2、人口密度が低い?

 

ニュージーランドと日本の大陸の面積は同じくらいですが人口の差が激しいので人口密度が低いです。

 

実際の面積は

ニュージーランド:約268,680km²

日本:377,962km²

 

ニュージーランドの面積は日本の3/4くらいですね。

 

オークランドやウェーリントン、クライストチャーチなどの大都市以外は人口が少ないところばかりです。

 

僕が通った町ではここに本当に人が住んでるのかと思えるくらい閑散としとしている町もありました。昼間なのに一人も外を歩いていませんでした。

 

 

人がいない分建造物が少なく自然が豊かなところが多いです!

f:id:piroron19:20190920051552j:image

町から外れると上の写真の湖の奥側のような風景がほとんどでした。

 

 

3、日本の人口との比較!

 

日本の人口は1億2千万人です。(2018年時点)

ニュージーランドは上記の通り480万です。

 

ということはニュージーランドの人口は日本の人口の約25分の1ということになります。

 

人口密度は

336km²:日本
15.8km²:ニュージーランド

です。

国の面積が同じくらいなのにここまで人口に差があると驚きますね。

 

大都市以外は町がいくつもに分かれているわけですが日本と違い新幹線等もないので基本は車で移動することになります。

遠いところだと何時間もかかります。

 

道中は木が少なく見晴らしがかなり良かったです。ドライブとしては最適です。

日本だと木が多いため周りが全然見えないですよね...

f:id:piroron19:20190920124750j:image

 

ニュージーランドの人口については短いですがこんなところです。

他にもニュージーランドについての記事を出していこうと思います!

最後まで読んで頂きありがとうございました!‼️

 

ニュージーランド英語の特徴を紹介【知ってて損はなし!】

こんにちは、ピロッティーです!

f:id:piroron19:20190919052032j:image

今回は僕が高校生の時に留学していたニュージーランドの英語についてお話しようと思います!

 

 

  目次

  1. ニュージーランド英語の特徴
  2. 発音の特徴
  3. スペルの特徴
  4. 特有の表現
  5. 最後に

 

1、ニュージーランド英語の特徴

 

ニュージーランドはイギリスの植民地であったこともありイギリス英語が使用されています。

普段アメリカ英語を学校で習っている日本人が現地で英語の勉強をすると戸惑うことがあるかもしれません。

 

違いとしては発音やスペルにあります。

 

他にも

・口の動きが少ない
・声を張らない

・あまり抑揚がない

のような特徴があります。

アメリカ英語のようにはっきりと話さない人が多いため慣れていないと聞き取りにくいです。

 

ここで発音、スペルと表現にはどのような違いがあるのかを見ていきましょう!

 

 

2、発音の特徴

 

よく聞く発音の例としては

 

・Canの発音

アメリカ:キャン

ニュージーランド:カン

 

•Dayの発音

アメリカ:デイ

ニュージーランド:ダイ

todayは「トゥダイ」になります。

 

Die:ダイ(意味は“しぬ”)と間違えやすいので気を付けましょう。

 

f:id:piroron19:20190919052502j:image

3、スペルの特徴

 

スペルの例としては

 

・組織する

アメリカ:organize
ニュージーランド:organise
zとsで違いがあります。

 

・免許

アメリカ:license
ニュージーランド:licence

sとcで違いがあります。

 

・映画館
アメリカ:theater
ニュージーランド:theatre

 

eとrの位置が反対になっています。

 

・認める

アメリカ:recognize
ニュージーランド:recognise

zとsで違いがあります。

 

このように一部だけ違うという単語が沢山あります。

 

 

5、特有の表現

表現にも特有のな物があるのでいくつか紹介しておきます!

 

 

・Dairy

コンビニのことです。

お店の表示に「Dairy 24 hours」と表示されています!

24 hoursは24時間営業という意味です。

f:id:piroron19:20190919052216j:image

 

・No worries

意味は“心配しなくていいよ”になります。

Your welcome の代わりによく使われています。

 

・市街地

市街地はアメリカでは「downtown」と言われますが、ニュージーランドでは「city centre」と言います。

 

・携帯

携帯はアメリカでは「cell」ニュージーランドでは「mobile 」と言います。

 

 

4、最後に

 

ニュージーランド英語とアメリカ英語に違いはありますが、現地の人にアメリカ英語を使っても通じます!

 

英語を習う事においてアメリカ英語と違いはありますが気にすることはないのでニュージーランドは良い場所だと思います。

 

ニュージーランド特に大都市オークランドは先住民より移民の方が圧倒的に多いです。

 

英語と言っても国によって訛りがあるので

移民の多いニュージーランドはいろんな国の訛りが飛び交っています。

 

ニュージーランドにはアジア系、インド系、アメリカからの人もいるので、様々な英語に触れる事ができます。

 

ちなみにニュージーランドはイギリス英語ですが、隣のオーストリアアメリカ英語を使用しています!

 

なので同じオセアニア州でも違いがあるので少しややこしいですw

 

海外で英語を勉強する時はその国の英語の特徴を調べておいた方が混乱しないでしょう!

 

f:id:piroron19:20190919052609j:image

以上で今回は終わります!

ありがとうございました😊

 

こちらの記事もよかったら参考に↓

アメリカ英語とイギリス英語の違いについて簡単にいくつか紹介!! - ピロッティーブログ

海外旅行で実際に起こったトラブル10選

こんにちは、ピロッティーです!

f:id:piroron19:20190917201548j:image

今回は僕が今までに行った事のある国5ヶ国(アメリカ、カナダ、ニュージーランドシンガポール、マレーシア)で起こったトラブルを紹介したいと思います。

 

  目次

  1. 言葉が通じない
  2. 盗難
  3. トイレ:流されていない
  4. 公共のトイレが少ない
  5. 飛行機が遅れる、延期になる
  6. 食事中に...
  7. 空港の手荷物検査で通らず持ち込めない物がある
  8. 空港で預けた荷物が紛失!?
  9. 数週間で激太り!
  10. 押し売り

 

 

1、言葉が通じない

服を買いに行った時に定員に質問をされたが、何を言っているか分からずうまく答えられなかった。少しピリピリした空気になった。

 

レストランで注文する時に発音が悪く伝わらなかったため、メニューを変えた。特にapple が通じませんでした。

 

言葉が通じない対策としては以下の記事を参考に!↓

英語ができないけど海外旅行に行きたい場合はどうすればいいの?? - ピロッティーブログ

 

 

2、盗難

バス、電車などで寝ている時にカバン等の持ち物が盗まれた。

これは僕が経験したわけではありませんが、盗まれた事がある人は多いです。

公共の場所で寝ているのは“盗んで下さい”と言っているのと同じみたいなので気をつけましょう。

荷物は必ず肌身離さずもっていなくてはなりません!!

 

f:id:piroron19:20190917201619j:image

3、トイレ:流されていない

公共の場所だと流されていないことが多い。

詳しくは言わないですが想像の通りです😱

トイレットペーパーがない事もよくありますw

 

 

4、公共のトイレが少ない。

国にもよると思いますが、お店の中に行かないとない場合があります。

公共のトイレが少ないとトイレに長い行列ができますが、並んでいても普通に順番を抜かされます😵

 

 

5、飛行機が遅れる、延期になる

天候が変わりやすいところだと特に多い

僕もアメリカで4時間くらい待たされた経験があります。

 

 

6、食事中に...

街外れでの食事中に現地の人が寄ってきて飲み物を勝手に持って行こうとした。(シンガポール)

悪気もなさそうな感じでした。

食べ物とポケットティッシュを交換して欲しいと交渉してくる人もいました。

 

 

7、空港の手荷物検査で通らず持ち込めない物がある

ペットボトル等は持ち込めないです。

帰りのお土産は特に気をつけましょう。

せっかく買ったのに捨てないといけなくなる可能性があります!

手荷物でなければ通る場合が多いのでスーツケース等があればそちらに入れましょう。

 

f:id:piroron19:20190917201636j:image

8、空港で預けた荷物が紛失!?

航空会社のミスで他の便に荷物を載せてしまったということがあります。

これは対策のしようがないので返ってくるのを待つしかないです。

 

 

9、数週間で激太り!

アメリカ等に行くとレストラン等で出てくる食べ物の量は同じ値段でも日本より多いです。倍の量が出てきます。残さず食べる癖のある人だと間違いなく太ります!飲み物は日本のLサイズがアメリカでいうSサイズです。

 

 

10、押し売り

欲しくもないものを安くするからと無理やり売ろうとする。(実際はかなり高額で売ってきます)

日本円で例えるとTーシャツ1万3000円の物(表示価格)を8000円にするからと交渉してきました。

まず元値がおかしいですし、突然半額近くまで下げるのも怪しいですよね。

 

日本人は断りにくい人が多いので買ってしまわないようにしましょう。

 

 

以上が海外旅行で起こったトラブル10選です!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました‼️

f:id:piroron19:20190917201651j:image

 

海外旅行については以下の記事も見てみてください!!↓

 

海外に行くために準備する物を10選紹介!(旅行や留学) - ピロッティーブログ

海外旅行で使える英語フレーズ10選【空港編】 - ピロッティーブログ

海外旅行で使える英語フレーズ10選【飛行機内編】と【ホテル編】 - ピロッティーブログ

海外旅行で使える英語フレーズ10選【観光編】【タクシー編】 - ピロッティーブログ